カイキコットウホンヤクバコ

怪奇骨董翻訳箱

ドイツ・オーストリア幻想短篇集  

垂野創一郎 訳

発売日 2019/06/18

判型 A5判   ISBN 978-4-336-06363-2

ページ数 420 頁   Cコード 0097

定価 6,264円 (本体価格5,800円)

【内容紹介】

ドイツが生んだ怪奇・幻想・恐怖・耽美・諧謔・綺想文学の、いまだ知られざる傑作・怪作・奇作18編を収録。
《人形》《分身》《閉ざされた城にて》《悪魔の発明》《天国への階段》《妖人奇人館》……6つの不可思議な匣が構成する空前にして絶後の大アンソロジー。ほとんど全編が本邦初訳!!
美麗函入。

【著者紹介】

垂野創一郎 (タルノソウイチロウ)

1958年、香川県生まれ。東京大学理学部卒。訳書にレオ・ペルッツ『最後の審判の巨匠』(晶文社)、『夜毎に石の橋の下で』『ボリバル侯爵』『スウェーデンの騎士』(国書刊行会)、バルドゥイン・グロラー『探偵ダゴベルトの功績と冒険』、アレクサンダー・レルネット=ホレーニア『両シチリア連隊』(東京創元社)など。