ナチ ホンノリャクダツ

ナチ 本の略奪

アンデシュ・リデル 著
北條文緒/小林祐子 訳

発売日 2019/07/15

判型 A5判   ISBN 978-4-336-06321-2

ページ数 436 頁   Cコード 0022

定価 3,520円 (本体価格3,200円)

【内容紹介】

ナチが略奪したのは美術品だけではなかった。世界を思想的にも制覇しようという彼らの野望にとって、厖大な量の本や資料を略奪し、それを用いて「敵」を研究し尽くすことが、不可欠な手段だった。
ナチは「野蛮な知の破壊者」ではなかった。「敵」を知るために厖大な本や資料を読み尽くし、それを利用し歪曲して、ナチの視点から世界史を書き換えるという壮大な目論みが、本の略奪の動機だった。
戦争末期の混乱のなかでナチが略奪した大量の本は失われ、叢書やコレクションは四散した。戦後ソ連に運ばれたまま戻らぬ本も多い。ドイツの多くの図書館は、失われた叢書を補填すべく、出所を確かめぬまま略奪本を受け入れた。今世紀になり、そのような略奪本を洗い出し、もとの所有者やその子孫に返還する運動が進行中である。 
著者はヨーロッパ各地を訪れ、本の略奪、蔵書の消滅や四散、そして返還の現在を、新資料とともに検証している。
スウェーデン「Foundation Bengt Janson's Memorial Fund Prize 2018」受賞作品。

「このような歴史は、今なおわれわれを驚愕させる。研究者たちが新たな問題を掘り起こし、新たな手がかりを辿ると、初めて明るみに出る事実が今なお存在する」(シカゴ・トリビューン紙)
「思想史、探偵小説、略奪本返還運動の記録が渾然一体となったこの本は、読者の興味をかきたてずにはおかない」(ロサンジェルス・レビュー・オブ・ブックス)

【著者紹介】

アンデシュ・リデル

ジャーナリスト、編集者、ノンフィクション作家。スウェーデン・メディア・グループの文化部門の責任者として、14の新聞社の芸術と文化分野を担当している。ナチについての2作品『ナチ 本の略奪』、『The Looters』は16か国語に翻訳された。

北條文緒 (ホウジョウフミオ)

北條文緒(ほうじょう・ふみお)
1935年東京に生まれる。東京女子大学文学部英米文学科卒業。一橋大学大学院社会学研究科修士課程修了。
東京女子大学名誉教授。イギリス小説、翻訳研究専攻。
英文学にかんする著書・編著の他に、『ブルームズベリーふたたび』『猫の王国』(ともにエッセイ集、みすず書房)『翻訳と異文化』(みすず書房)。
訳書に、E. M. フォースター『眺めのいい部屋』『永遠の命』 S. ソンタグ『他者の苦痛へのまなざし』 A. ホワイト『五月の霜』 A. ホフマン『ローカル・ガールズ』 ケイト・フォックス『イングリッシュネス』(いずれもみすず書房)など。

小林祐子 (コバヤシユウコ)

1929年東京に生まれる。東京女子大学外国語科卒業。米国ミシガン大学留学、米国大使館勤務、国際基督教大学教育学修士課程修了。東京女子大学名誉教授。英語学、英語教育専攻。
 著書に、『身振り言語の日英比較』(英語教育協議会[ELEC])『日英語比較講座1巻──文化と社会』(共著、大修館書店)『英語指導ハンドブック1』(共著、大修館書店)『英語教授法辞典』(共著、三省堂)『英語図詳大辞典』共著、小学館)『しぐさの英語表現辞典』(研究社。大学英語教育学会[JACET]1992年度学会賞受賞)
 訳書に、J.L. クック他『生きた英語の上達法』(共訳、研究社出版)モリー・ハリスン『台所の文化史』(法政大学出版局)