ニジュウイッセイキノジュウドウロン

21世紀の柔道論

藤堂良明/村田直樹 編著
大島修次/曽我部晋哉/佐々木武人 著

発売日 2019/03/15

判型 A5判   ISBN 978-4-336-06347-2

ページ数 252 頁   Cコード 0075

定価 2,160円 (本体価格2,000円)

【内容紹介】

「柔道の文化史」「形の意義」「武術としての柔道」「競技としての柔道」「世界の柔道の動向」など、21世紀に柔道を志す人間すべてにおくる新しい柔道論。

【著者紹介】

藤堂良明 (トウドウヨシアキ)

東京教育大学大学院体育学研究科修士課程修了。筑波大学名誉教授、博士(学術)。元全日本柔道連盟教育普及委員会委員、講道館七段。著書に「柔道の歴史と文化」「学校武道の歴史を辿る」等。

村田直樹 (ムラタナオキ)

東京教育大学大学院体育学研究科修士課程修了。公益財団法人講道館図書資料部長、日本武道学会副会長。秩父宮記念スポーツ・医科学賞、講道館八段。著書に「嘉納治五郎師範に学ぶ」「柔道の国際化」等。

大島修次 (オオシマシュウジ)

国際武道大学体育学部武道学科学士課程終了。国際武道大学体育学部武道学科特任准教授。全日本柔道連盟S ライセンス審判員 講道館七段。国際柔道連盟「形」コンチネンタル審査員。

曽我部晋哉 (ソガベアキトシ)

筑波大学博士課程人間総合科学研究科修了、博士(スポーツ医学)。甲南大学スポーツ健康科学教育研究センター教授。日本オリンピック委員会強化スタッフ、講道館六段。著書に「下肢トレーニングの科学」「実践柔道論」等。

佐々木武人 (ささきたけと)

東京教育大学大学院体育学研究科修士課程修了。福島大学名誉教授、医学博士。日本武道学会名誉会員、講道館七段。著書に「現代柔道論」「身体運動の科学Ⅰ」等。