テンノウコウゴウリョウヘイカトカルイザワ

天皇皇后両陛下と軽井沢

土屋写真店の記録  

立石弘道 編

発売日 2019/04/09

判型 A4判   ISBN 978-4-336-06345-8

ページ数 176 頁   Cコード 0072

定価 4,104円 (本体価格3,800円)

【内容紹介】

「テニスコートの恋」で知られる、おふたりのゆかりの地、軽井沢。地元老舗の写真店が、両陛下の出会いから今までを年ごとに撮り続けた貴重な写真の数々。併せて、「軽井沢残照」と題して歴史的文化の薫りを、名勝とともに伝える写真集の決定版! 
「軽井沢へようこそ」藤巻 進 軽井沢町長 「侍従としてお仕えして」 多賀 敏行 元侍従

【著者紹介】

立石弘道 (タテイシヒロミチ)

1965 年 東北大学文学部英文学科卒業
1970 年 慶應義塾大学文学研究科卒業(英文学専攻)
1975 年 ケンブリッジ大学クレア・ホール大学院生(2 年間)
1988 年 日本大学芸術学部教授を経て、現在日本大学大学院芸術学研究科講師
日本ロレンス協会会長(2002 〜04 年)、現顧問
第9 回国際D.H. ロレンス学会会長(2004 年)
著書 『D.H. ロレンス「狐とテクスト」』(共編著、国書刊行会、1994 年) 
   『D.H. ロレンスと現代』共編著(共編著、国書刊行会、1995 年)
   『D.H. ロレンスとアメリカ/ 帝国』(共編著、慶應義塾大学出版会、2008 年)
   その他多数
訳書 『 関係性の美学』(共訳)I、II、III(『藝文巧』日本大学大学院芸術学研究科、2016〜 2018年)
『ヴィジュアル版 教師の歴史』(国書刊行会、2018 年)