イチニチイッカノアラビアゴ

1日1課のアラビア語

教室から実社会へ  

水谷周 著

発売日 2018/10/22

判型 B5判   ISBN 978-4-336-06305-2

ページ数 128 頁   Cコード 0087

定価 1,650円 (本体価格1,500円)

【内容紹介】

今後、アラビア語への需要は一層高まる。アラブとの往来はますます増えている。2020年の東京オリンピックや、2022年、カタールにおけるサッカーのワールドカップ開催の予定もある。通常ベースの取引や観光、留学、時事、そして学術交流も増大している。ところがアラビア語を学ぶのに、文法書を読み辞書を引くという通常の仕方だけでは、マスターするのに多くの困難が待ち受けている。というのは、欧米語やアジア諸国の言葉には見られないツボがあり、隠された落とし穴もあるからだ。筆者が長年のアラビア語教授を通じて明らかとなったそれらの諸点を、本書において1日1課というかたちで示した。全体で30課としたので、約1カ月の特訓コース。中級から上級へ。

「役立つ、多くの例文」 近藤久美子大阪大学教授・日本アラビア語教育学会会長推薦。




【著者紹介】

水谷周 (ミズタニマコト)

1948年生まれ。京都大学文学部卒。カイロ大、ロンドン大を経て博士号取得(現代イスラーム思想史、ユタ大中東研究所)。イマーム大学東京分校学術顧問、日本ムスリム協会理事、現代イスラーム研究センター理事、日本アラビア語教育学会理事、国際宗教研究所顧問などを務める。編著書に『アラブ民衆革命を考える』 2011年、『イスラーム信仰叢書』全10巻、2010~2012年(以上国書刊行会)、『イスラームの善と悪』 2012年、『現代アラブ混迷史』 2013年(以上平凡社新書)、『イスラーム信仰概論』 2016年(明石書店)など。