アラブンジンノセカイカンーーゲキヘンスルチュウトウヲヨミトク

アラブ人の世界観──激変する中東を読み解く

水谷周 著

発売日 2017/05/18

判型 四六判   ISBN 978-4-336-06152-2

ページ数 266 頁   Cコード 0031

定価 2,420円 (本体価格2,200円)

【内容紹介】

現在、世界で最も不安定な地域は、中東である。日々不安感にさいなまれつつある人々の脳裏を巡るものは、何なのか。彼らの世界観を把握することは、激変する中東地域、中でもその大半を占めるアラブ人を理解することと表裏一体といえよう。
この課題に応えるべく本書はまとめられた。全体の要旨は、以下のようになる。
宇宙観や人生観においては、科学や情報の波にもまれながらもイスラーム信仰によって導かれる内容と大きくはぶれていない。しかし政治、経済面では、現実世界の諸事情が迫る中、伝統的な信条や制度の規範力だけで持ちこたえるのが難しい段階に入りつつある。改革や刷新の尽力が払われており、経済面では一歩具体的に進展したが、政治面では結実するのに時間を要している。また文明復興の願望は強いが道遠く、まして将来像として、かつてのイスラーム帝国の大版図の復活は、夢遥かということである。しかしその夢は朽ち果ててはいないので、無視できない。
さらにこれを詰めれば、次のようになる。中東の行動規範の根底にあるものは、コーランの第1章に宣言され、また全巻を通じてもしきりに繰り返される、まっすぐな道を歩みたいという願望である。この正道希求の心情が中東・アラブの思想の支柱であり、最強の底流としてあるといえよう。
報道を見るとすさんだ景色と、凄惨な出来事の連続のように中東は映るであろう。もちろんそれは現実であるとしても、人々とその社会の基層には以上のような大きな潮流が、姿を変えずに存在することが確認できる。

【著者紹介】

水谷周 (ミズタニマコト)

1948年生まれ、京大文卒、カイロ大、ロンドン大を経て博士(現代イスラーム思想史、ユタ大中東研究所)。イマーム大学東京分校学術顧問、日本ムスリム協会理事、現代イスラーム研究センター理事、日本アラビア語教育学会理事、国際宗教研究所顧問など。編著書『アラブ民衆革命を考える』 2011年、編著書『イスラーム信仰叢書』全10巻 2010~2012年(以上国書刊行会)、『イスラームの善と悪』 2012年、『現代アラブ混迷史』 2013年(以上平凡社新書)、『イスラーム信仰概論』 2016年(明石書店)など。