テラヤマシュウジロン

寺山修司論

――バロックの大世界劇場――  

守安敏久 著

発売日 2017/03/23

判型 A5   ISBN 978-4-336-06135-5

ページ数 584 頁   Cコード 0095

定価 5,832円 (本体価格5,400円)

【内容紹介】

あらゆるメディアを横断しながら創作活動を続けた異能、寺山修司。
寺山の手がけた作品のうち、とりわけラジオ、テレビ、映画、演劇に焦点を当て、その風変わりな作品世界の創造の秘儀を、誇張・過剰・不規則の「バロック常数」を見出しながら解読した、尖鋭的な論考十八本を集成!

メディア横断的な寺山の創作活動研究の金字塔となる画期的集大成。

本論のほか、高校教科書・大学入試問題での寺山作品の採用事例の読解を試みた「作品読解 特訓教室」、寺山関係の劇評・書評・展覧会評等を扱った「補遺」、『東京大学新聞』に掲載された著者の手による貴重な「寺山修司インタビュー」を併録。
また、寺山研究に有用な「寺山修司年譜」および「人名索引」付。収録図版多数。

【著者紹介】

守安敏久 (モリヤストシヒサ)

1959年、岡山市生まれ。東京大学大学院人文科学研究科国語国文学専攻博士課程単位取得退学。現在、宇都宮大学教授。専門分野は日本近代文学、現代演劇。著書に『バロックの日本』、『メディア横断芸術論』(ともに国書刊行会)がある。