ドウテイオウ

童貞王

カチュール・マンデス 著
中島廣子/辻昌子 訳

発売日 2015/09/24

判型 四六判   ISBN 978-4-336-05945-1

ページ数 340 頁   Cコード 0097

定価 3,080円 (本体価格2,800円)

【内容紹介】

バイエルンの「狂王」として名高いルートヴィヒ2世と、音楽界の巨匠リヒャルト・ワーグナー、実在のこの二人をモデルにした長編小説、本邦初訳。俗世間から隔絶した人工楽園に住む美貌の王フリードリヒ2世と、魔的な天才作曲家ハンス・ハンマー──19世紀末を舞台にした、〈耽美主義者と魔術師〉の聖なる物語。

【著者紹介】

カチュール・マンデス (カチュールマンデス)

中島廣子 (ナカジマヒロコ)

1946年神戸市に生まれる。
大阪市立大学大学院文学研究科教授を経て、現在、名誉教授(専門分野はフランス世紀末文学・文化)。
主要著書 『「驚異」の楽園―フランス世紀末文学の一断面』(国書刊行会)、『フランス幻想文学の総合研究』(共著、国書刊行会)、『フランス名句辞典』(共著、大修館書店)。
主要訳書 エレミール・ブールジュ『落花飛鳥』(国書刊行会)・『神々の黄昏』(共訳、白水社)、マルセル・シュネデール『フランス幻想文学史』(共訳、国書刊行会)。

辻昌子 (ツジマサコ)

1974年、大阪市に生まれる。
大阪市立大学大学院文学研究科後期博士課程修了、大阪市立大学非常勤講師(専門分野はフランス世紀末文学・文化)。
主要著書 『「ジャーナリスト作家」ジャン・ロラン論――世紀末的審美観の限界と「噂話の詩学」』(大阪公立大学共同出版会)。