マルセルシュオッブゼンシュウ

マルセル・シュオッブ全集

マルセル・シュオッブ 著
大濱甫/多田智満子/宮下志朗/千葉文夫/大野多加志/尾方邦雄 訳

発売日 2015/06/23

判型 A5判   ISBN 978-4-336-05909-3

ページ数 920 頁   Cコード 0097

定価 16,500円 (本体価格15,000円)

【内容紹介】

現在大きな注目を浴びる、夭折の天才作家マルセル・シュオッブ。ヴァレリー、ジイド、ジャリをはじめ、ボルヘス、ボラーニョ、澁澤龍彦らにまで多大な影響を与えた、19世紀末フランスの小説家の初めてとなる邦訳全集。『架空の伝記』『モネルの書』『少年十字軍』『黄金仮面の王』『二重の心』等の全小説はもちろん、評論や単行本未収録短編まで収録。約4割が新訳。本邦初訳も多数収録。全1巻。推薦=皆川博子、山尾悠子

【著者紹介】

マルセル・シュオッブ (マルセルシュオッブ)

1867年~1905年。フランスの作家。

大濱甫 (オオハマハジメ)

1925年生まれ。慶應義塾大学名誉教授。

多田智満子 (タダチマコ)

宮下志朗 (ミヤシタシロウ)

千葉文夫 (チバフミオ)

大野多加志 (オオノタカシ)

尾方邦雄 (オガタクニオ)