カンコクヨウゴロン

韓国擁護論

二日市壮 著

発売日 2014/09

判型 四六判   ISBN 978-4-336-05821-8

ページ数 184 頁   Cコード 0095

定価 1,650円 (本体価格1,500円)

【内容紹介】

本書は、現在の日韓両国関係の原因となっている韓国併合、靖国、慰安婦など歴史的な問題や、韓国の反日の経緯について、韓国側の認識をまずは受けとめ、日本人が自国について問い直すための知識と視点を提供する。その上で、韓国の言い分をそのまま認めるのではなく、韓国に対して主張するべきことは主張するという、日本人が向かうべき方向を示し、隣国だけでなく、広くアジアそして世界との関係の未来像を明るく照らそうとするものである。著者は元NHK記者。

【著者紹介】

二日市壮 (フツカイチソウ)

1936年西宮市生まれ。NHK記者として環境問題などを取材。定年後、名古屋大、中京大講師を経て韓国へ。KBS日本語放送中心に滞在12年。仁川大、韓国外大で日本語を教える。著書『明日を探る北海道農業』『韓国擁護論』(国書刊行会)。『京浜工業地帯』(共著、泰流社)。ビデオ『東海レールウォチング』(NHK)。