定本久生十蘭全集 10

ダイジュッカンズイヒツホウソウダイホンホカ

第10巻【随筆・放送台本ほか】

久生十蘭 著
江口雄輔/川崎賢子/沢田安史/浜田雄介 編

発売日 2011/12/21

判型 A5判   ISBN 978-4-336-05053-3

ページ数 707 頁   Cコード 0393

定価 11,000円 (本体価格10,000円)

シリーズ: 定本久生十蘭全集
《小説の魔術師》久生十蘭の全小説をはじめ、戯曲・エッセイ・翻訳・ラジオドラマ・日記・異稿・初期作品を網羅的に収録した、定本となりうる全集。第1巻~第9巻の小説は、編年体の編集を採用。生前歿後を問わず、いずれの単行書にも未収録だった小説作品40数編を含む。旧全集の二倍を超える収録量。歿後50年記念出版。

【内容紹介】

貴重な随筆と、放送台本三作品、阿部正雄等の署名で函館新聞記者時代に発表された最初期の作品群のほか、従軍日記完全版を収録。

【著者紹介】

久生十蘭 (ヒサオジュウラン)

1902年~1957年。北海道函館市生まれ。本名・阿部正雄。岸田国士に師事して渡仏。レンズ光学と演劇論を学ぶ。帰国後は雑誌『新青年』などで活躍。主な作品に直木賞受賞作「鈴木主水」、国際短篇小説コンクール一席入選作「母子像」、「魔都」「顎十郎捕物帳」「キャラコさん」等がある。

江口雄輔 (エグチユウスケ)

1946年、福岡生まれ。早稲田大学大学院文学研究科仏文専攻修了。昭和女子大学教授。著書に『久生十蘭ルネッサンス』『十蘭伝説』など。

川崎賢子 (カワサキケンコ)

1956年、宮城県生まれ。文芸・演劇評論家。日本近代文学研究者。博士(文学)。立教大学特任教授。著書に『少女日和』『蘭の季節』『宝塚というユートピア』『尾崎翠 砂丘の彼方へ』『宝塚百年を越えて』など。

沢田安史 (サワダヤスシ)

ミステリ研究者。SRの会、『新青年』研究会に所属。

浜田雄介 (ハマダユウスケ)

1959年生まれ。東京大学大学院博士課程満期退学。現在、成蹊大学文学部教授。専門分野は近代日本文学。著書に『子不語の夢』などがある。