イスラーム信仰叢書 10

イスラームシンコウトゲンダイシャカイ

イスラーム信仰と現代社会

水谷周 編著
マッラート・シブリー/奥田敦/四戸潤弥 著

発売日 2011/08/12

判型 四六判   ISBN 978-4-336-05213-1

ページ数 243 頁   Cコード 0314

定価 2,750円 (本体価格2,500円)

シリーズ: イスラーム信仰叢書
イスラームは日本では今なお理解されにくいが、その本質は信仰の世界にある。この空白を埋め正面から把握・理解するために、日本社会の中から、日本人の眼で論じる初めての叢書。

【内容紹介】

政治・法律面での新たなイスラーム固有の意義、グローバル化時代にイスラーム信仰と法が果たすべき役割、日本におけるイスラーム伝来の事情と教義発展の必要性を明かす。

【著者紹介】

水谷周 (ミズタニマコト)

1948年生まれ、京大文卒、カイロ大、ロンドン大を経て博士(現代イスラーム思想史、ユタ大中東研究所)。イマーム大学東京分校学術顧問、日本ムスリム協会理事、現代イスラーム研究センター理事、日本アラビア語教育学会理事、国際宗教研究所顧問など。編著書『アラブ民衆革命を考える』 2011年、編著書『イスラーム信仰叢書』全10巻 2010~2012年(以上国書刊行会)、『イスラームの善と悪』 2012年、『現代アラブ混迷史』 2013年(以上平凡社新書)、『イスラーム信仰概論』 2016年(明石書店)など。

マッラート・シブリー (マッラートシブリー)

1960年、レバノン生まれ。ユタ大学特命教授、並びに中東政治・法律教授、在レバノン、セント・ジョゼフ大学EUジョン・モネ・欧州法教授。

奥田敦 (オクダアツシ)

1960年、神奈川県生まれ。法学博士(中央大学、2005年)。慶應義塾大学総合政策学部教授、アレッポ大学学術交流日本センター副所長。専門はイスラーム法およびその関連諸領域、ガバナンス学、アラビア語。

四戸潤弥 (シノヘジュンヤ)

1952年、福島県郡山生まれ。同志社大学神学部・神学研究科教授。専門はイスラーム法およびアラビア語文法。