フランス世紀末文学叢書 4

フランノハナ

腐爛の華 

スヒーダムの聖女リドヴィナー  

J.K.ユイスマンス 著
田辺貞之助 訳

発売日 1984/04/01

判型 四六判   ISBN 978-4-336-02710-8

ページ数 300 頁   

定価 3,080円 (本体価格2,800円)

シリーズ: フランス世紀末文学叢書
爛熟と頽廃の19世紀末――物質的な繁栄をみながら精神的に荒廃したこの時代に、俗世界へ背を向け、絶対の彼方にありうべからざる人工楽園を創出せんとした美の使徒たち。一時は忘却の底へ沈んだかにみえながら、ここ数年、にわかに脚光を浴びつづけている近代文学の源泉、フランス世紀末文学の最も香り高き作品を15巻に編んだ本邦初の一大アンソロジー。

【内容紹介】

ゾラ一派の作家として出発しながらも、『さかしま』によって自然主義を脱出したユイスマンス晩年の神秘小説。中世オランダの聖女リドヴィナは全身が糜爛し臓器も腐敗するが、神との交感の中になお生きつづける。

【著者紹介】

J.K.ユイスマンス (ジョリスカルルユイスマンス)

田辺貞之助 (タナベテイノスケ)