ロシア・アヴァンギャルド 3

キノ

キノ 

映像言語の創造  

大石雅彦/田中陽 編

発売日 1994/09/21

判型 A5判   ISBN 978-4-336-03073-3

ページ数 520 頁   

定価 5,661円 (本体価格5,146円)

シリーズ: ロシア・アヴァンギャルド
芸術は、今世紀初頭のロシアにあって、社会革命とも複雑に絡まり合い、歴史上未曽有のエネルギーを獲得する。趣味的で狭隘な芸術を否定し、芸術を広場、街頭、民衆のなかへ解き放とうとしたロシア・アヴァンギャルド。そのスタイル、理論、問題意識は、今日なおわれわれを刺戟しつづける。本全集は、全8巻というかつてない規模でこの巨大な芸術運動の全貌を追求したものである。

【内容紹介】

アヴァンギャルド芸術家はカメラを武器に現実の新たな組替えという大いなる実験に立ち向かった。エイゼンシテイン、ヴェルトフ、マヤコフスキイらによる新しい現実の発見と創造の過程をみる。

【著者紹介】

大石雅彦 (オオイシマサヒコ)

1953年静岡県生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。早稲田大学文化構想学部教授。

田中陽 (タナカヨウ)