世界探偵小説全集 28

ソルトマーシュノサツジン

ソルトマーシュの殺人

グラディス・ミッチェル 著
宮脇孝雄 訳

発売日 2002/07/06

判型 四六変型判   ISBN 978-4-336-04158-6

ページ数 332 頁   

定価 2,750円 (本体価格2,500円)

シリーズ: 世界探偵小説全集
1920~40年代、英米の本格探偵小説は、クイーン、カー、クリスティーら輝かしい才能の登場とともに黄金時代を迎えた。不可能犯罪、アリバイ破り、名探偵の活躍。魅力的な謎、巧みなミスディレクションと論理のアクロバット。パズラーの頂点をきわめた本格派の傑作をはじめ、不当にも紹介の遅れていた巨匠の代表作、幻の名作を多数収録、永遠のクラシックを厳選して贈る夢の探偵小説コレクション!!

【内容紹介】

やかまし屋の牧師夫人が女中の妊娠に気づいた時、眠ったような村の平和を破る怪事件が始まった。助けを求められたブラッドリー夫人が遭遇する密輸業者、消えた死体、殺人。英国ファルス派を代表する傑作。

【著者紹介】

グラディス・ミッチェル (グラディスミッチェル)

宮脇孝雄 (ミヤワキタカオ)

一九五四年生まれ。早稲田大学政経学部卒業。翻訳家・エッセイスト。訳書に、セイヤーズ「顔のない男」、マクロイ「ひとりで歩く女」(以上、創元推理文庫)、ダニング「死の蔵書」(ハヤカワ文庫)、著書に「書斎の達人」(早川書房)、「翻訳の基本」(研究社出版)他がある。