文学の冒険

テンシノチブ

天使の恥部

マヌエル・プイグ 著
安藤哲行 訳

発売日 1994/01/09

判型 四六判   ISBN 978-4-336-02469-5

ページ数 320 頁   

定価 2,136円 (本体価格1,942円)

シリーズ: 文学の冒険
小説世界の境界線を拡げ、読者を挑発する現代文学シリーズ。過激な文学的実験、物語と「語り」の復権、新しい時代の新しい文学を求めて、ラテン・アメリカ文学、アメリカのニューライターズから東欧の知られざる名作まで、いまもっとも注目を集める世界の文学を幅広く紹介する。未知の地平線へ向けて、言葉の世界を探検しよう。

【内容紹介】

【著者紹介】

マヌエル・プイグ (マヌエルプイグ)

1932年~1990年。アルゼンチン、ブエノスアイレス州に生まれる。イタリアへ留学、映画監督・脚本家を目指してヴィットリオ・デ・シーカ、ルネ・クレマンの元で助監督を務めたが挫折し、小説家に。処女長篇『リタ・ヘイワースの背信』が一躍脚光を浴び、帰国後発表した『赤い唇』(1969)『ブエノスアイレス事件』(1973)がベストセラーとなる。1973年、ペロン復権により亡命を余儀なくされ、アメリカ、メキシコ等を転々としつつ、『蜘蛛女のキス』(1976)、『天使の恥部』(1979)、『このページを読む者に永遠の呪いあれ』(1980年)、『南国に日は落ちて』(1988年)など傑作を次々と発表。1990年に来日後、メキシコでエイズにより死去。

安藤哲行 (アンドウテツユキ)

一九四八年、岐阜県生まれ。神戸市外国語大学修士課程修了。現在、摂南大学教授。訳書に、プイグ『天使の恥部』、アレナス『夜になるまえに』(いずれも国書刊行会)、フエンテス『老いぼれグリンゴ』、サバト『英雄たちと墓』(いずれも集英社)、トラーバ『陽がかよう迷宮』(現代企画室)などがある。