タイヘイヨウシンリャクシ

太平洋侵略史  4

仲小路彰 著

発売日 2010/07/23

判型 A5判   ISBN 978-4-336-05245-2

ページ数 246 頁   Cコード 0321

定価 5,280円 (本体価格4,800円)

【内容紹介】

十七世紀以降、西欧列強は太平洋への野望を抱いて侵出。日本沿岸に危機が迫っていた。幕末日本の混乱を浮き彫りにし、欧米列強の侵略の野望を白日の下に暴いた書。

【著者紹介】

仲小路彰 (ナカショウジアキラ)

明治34年東京生まれ。旧制五校、東京帝国大学哲学科卒。昭和12年から「世界史話大成」「世界興廃大戦史」などの大著に取り組む。戦後著書はGHQに没収され一時公職を追放される。間もなく地球主義、未来学という概念を提唱。「ロシア大革命史」「未来学原論」などの大著を刊行。山中湖村に隠棲しつつも戦後の外交に隠然たる影響を与えた。