国書刊行会

買物カゴを見る

書籍詳細

映画論叢 46

エイガロンソウヨンジュウロク

映画論叢46

丹野達弥

発売日
2017/11/15
判型
A5判
ISBN
978-4-336-06229-1
ページ数
128頁

定価 1,080円(本体価格1,000円)

※在庫あり

オンライン書店で購入する

  • amazon.co.jp
  • honto
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス
  • 紀伊国屋書店
  • e-hon
  • Honya Club

店頭在庫を確認する

内容紹介

製作後44年ぶりの『脱出』上映で再評価された和田嘉訓監督の素顔。映画ファンですら誤解しているビスタ・サイズの真実。『生の輝き』で知られる歸山教正は日本映画の何を革新したのか。ジョン・フォード一家のスタントマンたち。黒澤組とピンク映画。等々マニア向けの話題が満載。

著者紹介

丹野達弥 (タンノタツヤ)

1961年生まれ。編著に『村木与四郎の映画美術』(フィルムアート社、1998年)『東京いい映画館みたい映画館』(樹花舎、1999年)、共編著に『映畫読本・小津安二郎』(フィルムアート社、1993年)『同・成瀬巳喜男』(フィルムアート社、1995年)『キネマの美女』(文藝春秋、1999年)等。2001年より『映画論叢』編輯長。

目次

『自動車泥棒』『脱出』の鬼才 和田嘉訓は未練なく東宝を去った……のか?

幻の作品『脱出』が完成後44年にして上映
『自動車泥棒』の鬼才 和田カックン伝説 小関太一
久々の連載復活! 小林喜三郎と山川吉太郎 『生の輝き』『深山の乙女』
歸山教正の周りを散歩する 冬樹薫
ビスタビジョンから生まれたサイズではない 大型映画の真実 ビスタ・サイズの誤解 内山一樹
テレビドラマが劇場用作品を凌ぐとき 山村聡版『華麗なる一族』万俵大介、我にあり。 濱田研吾
『勤皇? 佐幕?』の読み方は? 続・誤字等誤記ぶり題名記 最上敏信 東映大部屋役者の回想 (一応)主役をやった話 五野上力 『決戦攻撃命令』〝敢えて〟見なかった映画のこと 瀬戸川宗太 宇佐美仁、安惠重遠……黒澤組、ピンク界に発展す 東舎利樹 「ムービーマガジン」をご存じですか 宍戸錠も山田達雄も 浦崎浩實
好評連載
フォード一家傍役端役大集合・最終回 猪股徳樹
フヰルム温故知新 忠臣蔵はマキノに限る 布村建
名画座と幸福な日々 「天井棧敷」時代と沼正三 三宅真理
《映画の見かた》の見かた 真魚八重子の巻 重政隆文
問題提起
ビネガービジネス/野田秀樹の正体/若山富三郎/ヴァル・リュートン