映画論叢 46

エイガロンソウヨンジュウロク

映画論叢46

丹野達弥 編

発売日 2017/11/15

判型 A5判   ISBN 978-4-336-06229-1

ページ数 128 頁   Cコード 0374

定価 1,080円 (本体価格1,000円)

シリーズ: 映画論叢
日本映画マニア必携、メジャーの映画言論を挑発する本格映画誌。

【内容紹介】

製作後44年ぶりの『脱出』上映で再評価された和田嘉訓監督の素顔。映画ファンですら誤解しているビスタ・サイズの真実。『生の輝き』で知られる歸山教正は日本映画の何を革新したのか。ジョン・フォード一家のスタントマンたち。黒澤組とピンク映画。等々マニア向けの話題が満載。

【著者紹介】

丹野達弥 (タンノタツヤ)

1961年生まれ。編著に『村木与四郎の映画美術』(フィルムアート社、1998年)『東京いい映画館みたい映画館』(樹花舎、1999年)、共編著に『映畫読本・小津安二郎』(フィルムアート社、1993年)『同・成瀬巳喜男』(フィルムアート社、1995年)『キネマの美女』(文藝春秋、1999年)等。2001年より『映画論叢』編輯長。