ジョウモンジンハナゼシシャヲアナニウメタノカ

縄文人はなぜ死者を穴に埋めたのか

墓と子宮の考古学  

大島直行 著

発売日 2017/09/13

判型 四六判   ISBN 978-4-336-06195-9

ページ数 308 頁   Cコード 0021

定価 2,376円 (本体価格2,200円)

【内容紹介】

あまたの文献を渉猟・博捜して、縄文人の死や生に対する考え方、墓をつくって死者を葬ろうとした彼らの心、《再生シンボリズム》とその中核をなす《子宮》の意味に迫る、縄文解釈のドキュメンタリー。

【著者紹介】

大島直行 (オオシマナオユキ)

1950年北海道生まれ。札幌医科大学客員教授。日本人類学会評議員、日本考古学協会理事、北海道考古学会会長などを歴任。医学博士。
著書に、『対論・文明の原理を問う』(麗澤大学出版会、2011年、共著)、『月と蛇と縄文人』(寿郎社、2014年)、『縄文人の世界観』(国書刊行会、2016年)、『縄文人はなぜ死者を穴に埋めたのか―墓と子宮の考古学』(国書刊行会、2017年)などがある。