未来の文学

キセキナスモノタチ

奇跡なす者たち

ジャック・ヴァンス 著
浅倉久志 編訳
酒井昭伸 訳

発売日 2011/09/21

判型 四六変型判   ISBN 978-4-336-05319-0

ページ数 448 頁   Cコード C0397

定価 2,700円 (本体価格2,500円)

シリーズ: 未来の文学 (ミライノブンガク)
失われたSFを求めて――60~70年代の幻の傑作SF、その中でも本邦初紹介の作品を中心に厳選したSFファン待望の夢のコレクション。「新たな読者の視線を浴びるとき、幻の傑作たちはもはや幻ではなくなり、真の〈未来の文学〉として生まれ変わるだろう」(若島正)

【内容紹介】

独特のユーモアで彩られた、魅力あふれる異郷描写で熱狂的なファンを持ち、
ダン・シモンズやジョージ・R・R・マーティン等多くの作家に影響を与えてきた
名匠ヴァンス、浅倉久志編による本邦初の短篇集が登場!
代表作「月の蛾」からヒューゴー/ネビュラ両賞受賞作「最後の城」まで
ヴァンスの魅力を凝縮したベスト・コレクション、全8篇。

〈ジャック・ヴァンスはぼくの大好きな作家だ。
 「異質の文化を色彩ゆたかに描きだす稀有の才能」と絶賛される側面はもちろん、
 「アメリカSF界屈指のスタイリスト」であるのも大きな魅力。
 突き放したようなドライ・ユーモアと、摩訶不思議な造語の氾濫する文体が、
 泣きたくなるほどすばらしい(事実、翻訳という作業ではいつも泣かされてきた)。〉
 (浅倉久志)

【著者紹介】

ジャック・ヴァンス (ジャックヴァンス)

1916年、サンフランシスコ生まれ。カルフォルニア大学バークレー校を卒業後、商船員の職につき航海中に小説を執筆、45年短篇「The World-Thinker」でデビュー。その後、世界中を旅しながら作品を発表、奇怪な世界と異様な文化を活写する唯一無比の作風で息の長い活動を続け、80冊以上の著作がある。主な作品に『終末期の赤い地球』(50)、『竜を駆る種族』(63、ヒューゴー賞受賞)など。ミステリ作家としても『檻の中の人間』(60)でエドガー賞処女長篇賞を受賞。84年には世界幻想文学大賞生涯功労賞、97年にはアメリカSF・ファンタジー協会が授与するグランド・マスター賞を受賞、殿堂入りを果たしている。

浅倉久志 (アサクラヒサシ)

1930年~2010年。大阪外事専門学校英米科(現大阪大学外国語学部)卒。十数年の会社員生活を経て、1962年からSFの翻訳を始める。訳書にヴォネガット『タイタンの妖女』、ディック『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』、ラファティ『九百人のお祖母さん』、ティプトリー・ジュニア『たったひとつの冴えたやりかた』(以上ハヤカワ文庫SF)、F・ライバー《ファファード&グレイ・マウザー》シリーズ(創元推理文庫)など、編訳書に『ユーモア・スケッチ傑作展1~3』(早川書房)、『ユーモアSF傑作選1~2』(講談社文庫)などがある。

酒井昭伸 (サカイアキノブ)

1956年生まれ。早稲田大学政経学部卒。英米文学翻訳家。訳書にクライトン『ジュラシック・パーク』、シモンズ〈ハイペリオン〉四部作、ブリン〈知性化〉シリーズ、マーティン〈一千世界〉〈氷と炎の歌〉シリーズ(以上早川書房)、シェフィールド『マッカンドルー航宙記』(東京創元社)などがある。