バルトルシャイティス著作集 1

アベラシオン

アベラシオン

ユルギス・バルトルシャイティス 著
種村季弘/巌谷國士 訳

発売日 1991/05/08

判型 菊判   ISBN 978-4-336-03137-2

ページ数 300 頁   

定価 4,860円 (本体価格4,500円)

シリーズ: バルトルシャイティス著作集
怪物、錯視、歪鏡といった一連の文化的周縁現象の研究により、〈逸脱〉の視点からヨーロッパ文化史の書きかえを精力的に展開、その恐るべき博引旁証と珍奇な図版の数々によって人々を驚倒せしめた、リトアニア出身の異端の美術史家ユルギス・バルトルシャイティスの代表的著作を集大成。

【内容紹介】

「動物観相学」「絵のある石」「ゴシック建築のロマン」「庭園とイリュージョン風景」の形態の伝説をめぐる4つのエッセーを収録。近代合理主義から逸脱した偏奇なイメージの数々。

【著者紹介】

ユルギス・バルトルシャイティス (ユルギスバルトルシャイティス)

1903年~1988年。リトアニア生まれ。美術史家。同じく美術史家H・フォシヨンの娘婿で、大ビータウタス大学の美術史教授を経てパリに定住し、歴史・考古学、神話学、神秘学などの該博な知識を駆使したユニークな美術史を講じた。

種村季弘 (タネムラスエヒロ)

1933年~2004年。東京大学文学部独文科卒。國學院大學教授。著作集『種村季弘のネオ・ラビリントス』全8巻(河出書房新社)、訳書ホッケ『迷宮としての世界』美術出版社(共訳)、『怪奇・幻想・綺想文学集 種村季弘翻訳集成』(国書刊行会)などがある。

巌谷國士 (イワヤクニオ)

1943年、東京生まれ。シュルレアリスム研究者として文学、美術、映画と多岐にわたる分野で活躍。訳書にブルトン『ナジャ』、マックス・エルンスト『百頭女』などがある。評論に『幻視者たち』、『反ユートピアの旅』などがある。