1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. もし太陽が戻らなければ

モシタイヨウガモドラナケレバ

もし太陽が戻らなければ

発売日 2018/10/22

判型 A5判   ISBN 978-4-336-06291-8

Cコード 0097

定価 4,320円 (本体価格4,000円)

内容紹介

スイスの国民的大作家ラミュ名作選の第4弾。太陽が消えてしまうという忌まわしい予言に恐れおののく村人たち……第二次世界大戦前夜のヨーロッパの不穏な空気が漂う表題作ほか、「サーカス芸人たち」「お嬢さんたちのいた湖」「月明かりの子、セルヴァンたち」「エーデルワイスを探して」「おどけ衣装のラ・ティア」等、傑作8編を収録。

著者紹介

シャルル=フェルディナン・ラミュ (シャルルフェルディナンラミュ)

Charles-Ferdinand Ramuz(1878-1947)。スイスの小説家。故郷スイスの自然と習俗を題材に、フランス語で多くの農民小説を書いた。『山中の大いなる恐怖』La Grande peur dans la montagne(1926)、『陽がまた昇らなければ』Si le soleil ne revenait pas(1937)などがある。

佐原隆雄 (サハラタカオ)

同じ著者・訳者の作品

スイス人サミュエル・ブレの人生 ラミュ小説集Ⅲ 

スイスが誇る大小説家ラミュの傑作長篇小説を集めたシリーズ第三弾。本邦初訳となる教…

アルプスの恐怖

20年の時を経て、のどかな山の村を再び襲った恐怖の出来事とは。表題作のほか、「ア…

アルプス高地での戦い

スイスを代表する国民的大作家ラミュが、アルプスの美しい自然を舞台に、人々の連帯や…


ページトップへ