1. トップページ > 
  2. 芸術・芸能 > 
  3. 映画 > 
  4. 映画論叢48

エイガロンソウヨンジュウハチ

映画論叢48

発売日 2018/07/13

判型 A5判   ISBN 978-4-336-06288-8

ページ数 128 頁   Cコード 0374

定価 1,080円 (本体価格1,000円)

内容紹介

〝ミア・ファローの父親〟としてのみ語られるジョン・ファロー監督の再評価。ポップ・シンガーが作った傑作『ジョアンナ』徹底研究。『新青年』の名編集長・森下雨村唯一の映画化作品。『黒部の太陽』にみる劇団民藝のゴタゴタ。等々、今号も映画マニア向けの話題が満載。

著者紹介

丹野達弥 (タンノタツヤ)

1961年生まれ。編著に『村木与四郎の映画美術』(フィルムアート社、1998年)『東京いい映画館みたい映画館』(樹花舎、1999年)、共編著に『映畫読本・小津安二郎』(フィルムアート社、1993年)『同・成瀬巳喜男』(フィルムアート社、1995年)『キネマの美女』(文藝春秋、1999年)等。2001年より『映画論叢』編輯長。

目次

『大時計』『ホンドー』『夜は千の眼を持つ』
ミア・ファローの父としてのみ語られる男、四面楚歌の鬼才ジョン・ファロー
ポップ・シンガー兼俳優が撮った68年の傑作『ジョアンナ』徹底研究
唯一の映画化作品をめぐって 探偵作家・森下雨村の昭和七年
ピンク映画約180本に出演したコメディアン、 「おッかさん」こと堺勝朗の死
劇団民藝の中で何が起こっていたか 『黒部の太陽』の謎ポスター
アイダ・ルピノの魅惑 ジーン・ネグレスコの演出力
マルチクリエイターだった坪内逍遙の映画プロジェクト
山城新伍と伏見扇太郎 東映娯楽版と『風小僧』
脚本家・水木洋子のXYZへの道
好評連載
フヰルム温故知新 斬り合いの力学的考察
シネマ・モヤモヤ帖 オタクだらけの世界
独立系成人映画再考 現役監督ピンク修業帖
珍品ショウケース 『華麗なるダイヤモンド強奪』
問題提起

同じ著者・訳者の作品

映画論叢 47

映画論叢 47

丹野達弥

定価1,080円(税込)

三島由紀夫を師と仰いだ小野川公三郎の俳優人生。名手ヘンリー・コスター。伏水修と原…

映画論叢46

映画論叢

映画論叢46

丹野達弥

定価1,080円(税込)

『脱出』上映で再評価される和田嘉訓監督。ビスタ・サイズの真実。『生の輝き』歸山教…

映画論叢45

映画論叢

映画論叢45

丹野達弥

定価1,080円(税込)

大船スタア園井啓介、40年ぶりの近況。007に成り損なった男ジョン・ギャヴィン。…


>> もっと見る

ページトップへ