1. トップページ > 
  2. 歴史・宗教・民俗 > 
  3. 民俗 > 
  4. 諏訪学
  1. トップページ > 
  2. 歴史・宗教・民俗 > 
  3. 思想 > 
  4. 諏訪学
  1. トップページ > 
  2. 歴史・宗教・民俗 > 
  3. 地方史 > 
  4. 諏訪学

スワガク

諏訪学

発売日 2018/04/05

判型 A5判   ISBN 978-4-336-06254-3

ページ数 548 頁   Cコード 0039

定価 3,888円 (本体価格3,600円)

内容紹介

記紀とは異なる国譲り神話の伝承、在地の神である洩矢神(モレヤ神)、千鹿頭神(チカト神)、ソソウ神、その陰に見え隠れする天白、他界を放浪する甲賀三郎譚、そして日本民俗学史上最大の謎である神、ミシャグジ――。これら異貌の神々への信仰、タケミナカタの子孫と伝わる大祝、ミシャグジの祭祀を独占的につかさどる守矢家、伝承にのみその名を残し中世の闇に消えた風の祝など、独自の文化が脈々とうけつがれる土地、諏訪。「神話学」「物語学」「宗教学」「民俗学」「文化人類学」「芸能史学」「歴史学」「社会学」「考古学」といった、諸分野の研究者が脱領域的に結集し、悠久の縄文時代から近代までの時間の広がりの中に信仰の源流をさぐり、視座を三信遠からはるかユーラシアにまで広げた宗教芸能研究、さらには縄文図像学を援用し、その極めて特異な信仰・文化体系を明らかにする。

著者紹介

山本ひろ子 (ヤマモトヒロコ)

1946 年生。早稲田大学第一文学部史学科中退。日本宗教思想史専攻。私塾「成城寺小屋講座」を主宰。和光大学表現学部名誉教授。主な著書に『変成譜―中世神仏習合の世界』(春秋社)、『大荒神頌』(岩波書店)、『中世神話』(岩波新書)、『異神―中世日本の秘教的世界』(ちくま学芸文庫)、編著に『祭礼―神と人の饗宴』(平凡社)、『民俗と仮面の深層へ―乾武俊選集』(国書刊行会)など。

挽地康彦 (ヒキチヤスヒコ)

和光大学現代人間学部准教授。専攻は社会学、移民研究、文化研究。共著に『九州という思想』(花書院)、『基礎ゼミ 社会学』(世界思想社)、論文に「経済の再魔術化―オイコノミア、エントロピー、共愉の倫理―」(『和光大学現代人間学部紀要』7)などがある。

坂井弘紀 (サカイヒロキ)

和光大学表現学部教授。専攻は、中央ユーラシア文化史、テュルク口承文芸研究。著書に『中央アジアの英雄叙事詩』(東洋書店)、共著に『テュルクを知るための61 章』(明石書店)、訳書に『ウラル・バトゥル』、『アルパムス・バトゥル』(以上、平凡社東洋文庫)などがある。

原直正 (ハラナオマサ)

1947 年、長野県諏訪市生まれ。武井正弘講師の「諏訪研究会」、山本ひろ子主宰の「成城寺小屋講座」に参加し、現在、諏訪の信仰史、信仰思想、史学、考古学、民俗学等を研究する「スワニミズム」の会長を務める。著書に『龍蛇神』(人間社 樹林社叢書)。

田中基 (タナカモトイ)

1941 年、山口県生まれ。人類学・民俗= 民族学・考古学季刊誌「どるめん」を編集。「古部族研究会」の同人と共に古諏訪祭政体について研究するかたわら、「縄文造形研究会」では縄文土器図像の神話文脈への変換を模索。著書に『縄文のメドゥーサ』(現代書館)など。「スワニミズム」顧問。

小林公明 (コバヤシキミアキ)

1945年、長野県生まれ。井戸尻考古館に勤務した。著書に『富士見町史 上巻』(共著)、『縄文人の時代』(共著 新泉社)。

折井克比古 (オリイカツヒコ)

編集者(樹林舎、人間社)として、樹林舎叢書『龍蛇神―諏訪大明神の中世的展開』(原直正著)、人間社文庫・日本の古層シリーズ『天白紀行 増補改訂版』(山田宗睦著)、『古代諏訪とミシャグジ祭政体の研究』『古諏訪の祭祀と氏族』『諏訪信仰の発生と展開』(いずれも古部族研究会編)、『神殺し・縄文』(水谷勇夫著)の復刊などを担当。スワニミズム会員。

宮嶋隆輔 (ミヤジマリュウスケ)

1990 年、茨城県生まれ。和光大学卒業。成城寺小屋講座で中世芸能史を担当し、「能」以前の猿楽である〈翁〉や〈立合〉などを研究。主要論文に「翁語りのドラマツルギー―〈語りの翁〉から〈舞の翁〉へ」、「三信遠の立合猿楽―懐山おくなり「鞠のかがり」を中心に」など。編著に『民俗と仮面の深層へ―乾武俊選集』(国書刊行会)。

目次

プロローグ 諏訪学の森へ

諏訪学の構築のために―序論にかえて

第一部 諏訪の神事と信仰―中世から近代へ
囚われの聖童たち―諏訪祭政体の大祝と神使をめぐって
守屋山の習俗と伝承
産業の神・諏訪明神―養蚕信仰から結社の神へ
●コラム
御射山
御柱と古御柱
●諏訪学の先駆者
藤森栄一と伊藤富雄
金井典美

第二部 宗教芸能と伝承―三遠南信とユーラシアの視界から
神の子を孕むには―諏訪神楽再考
御室の猿楽―諏訪社・冬の祭の神事芸能
天白は星のくらいの神なれば―天白巫試論
ユーラシアの『甲賀三郎』―テュルクの英雄譚とシャマニズム
●コラム
甲賀三郎と「しはんじょうの杖」
●諏訪学の先駆者
宮地直一
今井野菊

第三部 縄文の神話考古
大地に描かれた胎芽・胎児・出産像をめぐって―縄文図像と三木胎生学
対称弧刻文の神話考古
コラム
縄文図像学の源流
●諏訪学の先駆者
武井正弘
古部族研究会
鳥居龍蔵

蓼科に響く音 諏訪フォーラム2015報告
エピローグ だれも知らない甲賀三郎―月面着陸へ
あとがき

同じ著者・訳者の作品

民俗と仮面の深層へ

民俗文化の深層に分け入り、芸能の謎を探求しつづける伝説の研究者、乾武俊。その豊饒…


ページトップへ