1. トップページ > 
  2. 芸術・芸能 > 
  3. 写真 > 
  4. 『光画』と新興写真

コウガトシンコウシャシン

『光画』と新興写真

モダニズムの日本  

発売日 2018/03/07

判型 A4変型判   ISBN 978-4-336-06252-9

ページ数 232 頁   Cコード 0072

定価 3,672円 (本体価格3,400円)

内容紹介

戦前日本の先鋭な写真雑誌『光画』を舞台にして野島康三、木村伊兵衛、中山岩太らが牽引した近代的な写真芸術運動「新興写真」の世界を、同じく希少な雑誌『新興写真研究』などと共に検証する画期的なカタログ。初紹介作多数。幻の雑誌『新興写真研究』全3号を原寸で完全収録!



[お詫びと訂正]
「『光画』と新興写真 モダニズムの日本』(2018年3月6日刊行)に以下の誤りがあ
りました。謹んで訂正いたします。

【118頁写真キャプション】
誤: 奉天(瀋陽) →  正: 満州・葛根廟

【119頁写真キャプション】
誤: 満州・葛根廟 →  正: 奉天(瀋陽)

著者紹介

東京都写真美術館 (トウキョウトシャシンビジュツカン)

目次



第1章 同時代の海外の動き
第2章 新興写真
第3章 新興写真のその後
第4章 『新興写真研究』全巻収録

新興写真とはなんだったのか 藤村里美
視覚文化史における『光画』とその周辺 その領域横断性の意義 谷口英理

作家解説
掲載作品リスト
論文英訳


この本の関連書籍

巴里とセーヌ

日本の写真表現が最初の全盛期を迎えた1930年代を中心に、モダニズムの光輝を放つ…

光

日本の写真表現が最初の全盛期を迎えた1930年代を中心に、モダニズムの光輝を放つ…

復刻版 NIPPON  第3期

NIPPON 第3期

金子隆一 監修

定価129,600円(税込)

名取洋之助、亀倉雄策、土門拳、山名文夫――近代日本のデザイン・写真・グラフジャー…

「光画」傑作集

日本の写真表現が最初の全盛期を迎えた1930年代を中心に、モダニズムの光輝を放つ…

カメラ・眼×鉄・構成

日本の写真表現が最初の全盛期を迎えた1930年代を中心に、モダニズムの光輝を放つ…

初夏神経

日本写真史の至宝

初夏神経

小石清 写真
飯沢耕太郎金子隆一 監修

定価37,800円(税込)

日本の写真表現が最初の全盛期を迎えた1930年代を中心に、モダニズムの光輝を放つ…

安井仲治写真作品集

日本の写真表現が最初の全盛期を迎えた1930年代を中心に、モダニズムの光輝を放つ…

同じ著者・訳者の作品

下岡蓮杖

下岡蓮杖

東京都写真美術館 監修

定価3,024円(税込)

日本写真の開祖・下岡蓮杖。蓮杖撮影による初期写真全246点のほか、日本画、洋画、…

幻のモダニスト

幻のモダニスト

東京都写真美術館

定価3,780円(税込)

日本の近代写真の成立と展開を語る上で欠かすことのできぬ写真家として名のみ知られる…


ページトップへ