1. トップページ > 
  2. 日本文学 > 
  3. 近代文学 > 
  4. KOKORO

ココロ

KOKORO

発売日 2018/05/21

判型 四六判   ISBN 978-4-336-06251-2

ページ数 256 頁   Cコード 0093

定価 2,160円 (本体価格2,000円)

カタログダウンロード

内容紹介

開戦間近の昭和16年に刊行された近藤いね子英訳の夏目漱石作『こゝろ』。英文学者で評論家の渡部昇一氏絶賛の名訳が、いま、新装版としてよみがえる。渡部昇一氏「この人の英訳の『こゝろ』を読んで、私はすっかりのめり込んだ。英語がいいのである。声を出して読んでいると、『こゝろ』の主人公の心が自分にしみこんでくるような気がしたのであった」。英語圏の方々はもとより、日本で英文学や国文学を学ぶ方々等、英語訳での夏目漱石の世界に興味を持たれる読者におすすめしたい一冊です。

著者紹介

夏目漱石 (ナツメ ソウセキ)

近藤いね子 (コンドウイネコ)

1911年神奈川県生まれ。1932年津田英学塾卒、1935年東北帝国大学英文科卒、1939年ケンブリッジ大学大学院修了。1952年東京文理科大学より文学博士号取得(日本では女性初)。1948~1980年津田塾大学英文学科教授。2008年97才にて死去。

目次

Contents
Part I
The Sensei and I
Part II
My Parents and I
Part III
The Sensei and His Last Letter
About Soseki Natsume and Kokoro

日本語による解説
感謝のことば (Acnowledgements の日本語訳)
夏目漱石と『こゝろ』について
(About Soseki Natsume and Kokoro の日本語訳)
近藤いね子について
愛を中心にして 星野美賀子
英訳『こゝろ』と訳者近藤いね子について 榊原未知子

同じ著者・訳者の作品

新編日本幻想文学集成 第8巻

漱石と夢文学。アーサー王伝説を踏まえた「幻影の盾」。SPレコードにまつわる怪異を…

夏目漱石

神秘的な恋愛を描く「趣味の遺伝」「幻影の盾」、史実を題材に幻想をくりひろげる「倫…


ページトップへ