1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 英米文学 > 
  4. 音楽と沈黙 2

オンガクトチンモク2

音楽と沈黙 2

発売日 2017/05/25

判型 四六変型判   ISBN 978-4-336-06179-9

ページ数 338 頁   Cコード 0097

定価 2,376円 (本体価格2,200円)

内容紹介

映画化決定!
美貌のリュート奏者ピーターと侍女エミリアの運命の恋――
ページをめくる手がとまらない驚異のベストセラー小説、ついに翻訳!

不貞が発覚しコペンハーゲンから追放となった王の妻キアステンは侍女のエミリアとともに母エレンの城に移り住み、無謀ともいうべき策略を思いめぐらす。「勇気を出すのよ」という亡き母の言葉を胸に抱きながら、弟マークスとの日々を懸命に生きるエミリア。彼女の継母マウダリーナはティルスン家の男たちを支配し、一家を破滅に導いていた。一方、ピーターはかつての恋人オフィンガル伯爵夫人と再会し、夫人に誘惑されながらもエミリアへの思いを募らせる。そして失意のクレスチャン王のもとに現れる新しい存在とは? 運命に翻弄される人々の心に果たして静寂の春は訪れるのか――濃密な物語性と精緻な語りで、最後の最後まで驚きの展開がつづく歴史ロマン大作! 

批評家・各紙絶賛!……〈トレメインは同時代最高の歴史小説家である。匂いたつ官能性と洗練されたウィットで過ぎし時代を鮮やかに再現する……巧みに練られたプロット……エロスと芸術が織りなす忘れがたいタペストリー(A・N・ウィルソン)〉〈『音楽と沈黙』の核となる部分は、罪と欲望の描写である。生き生きした登場人物たちは、自分自身の行為と夢を相手に格闘する……作者は時代の精神に分け入ることによって、歴史に寄り添いつつ深く洞察するという、見事な離れ業をやってのけた……これは最高水準の作品である(スコットランド・オン・サンデー紙)〉〈詩情豊かで、色香漂う、絵画的なすばらしい作品……読者は、過ぎし日の宮廷の豪奢な松明の光で照らしだされた華麗な光景とドラマを満喫できる(サンデー・タイムズ紙)〉〈トレメインは多彩な語り口を自由自在にあやつりながら、時を行きつ戻りつし、ディテール、香り、音、色を自分のキャンバスに見事詰め込んだ……巧みで魅力的で優雅な筆致(オブザーバー紙)〉〈濃密で秀逸な作品(ガーディアン紙)〉〈堂々たる小説……何度も読み返す価値のある見事な作品(タイムズ紙)〉

著者紹介

ローズ・トレメイン (ローズトレメイン)

渡辺佐智江 (ワタナベサチエ)

訳書にキャシー・アッカー『血みどろ臓物ハイスクール』、ウィル・セルフ『コック&ブル』、リチャード・フラナガン『グールド魚類画帖』(以上白水社)、アーヴィン・ウエルシュ『フィルス』(アーティストハウス)、ジム・クレイス『四十日』(インスクリプト)などがある。

同じ著者・訳者の作品

音楽と沈黙 1

ウィットブレッド賞受賞! 伝説の王クレスチャン4世の苦悩、 そして官能に溺れ…

ゴーレム100

ベスター、最強にして最狂の伝説的長篇。未来都市で召喚された新種の悪魔ゴーレム10…

アジアの岸辺

特異な知的洞察力で常に人間の暗部をえぐりだす稀代のストーリーテラー:ディッシュ、…


ページトップへ