1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 英米文学 > 
  4. 音楽と沈黙 1

オンガクトチンモク1

音楽と沈黙 1

発売日 2017/05/25

判型 四六変型判   ISBN 978-4-336-06178-2

ページ数 336 頁   Cコード 0097

定価 2,376円 (本体価格2,200円)

内容紹介

ウィットブレッド賞受賞!
伝説の王クレスチャン4世の苦悩、
そして官能に溺れる王妃キアステンが夢見る人生――
17世紀デンマークを舞台にした波瀾万丈の歴史ロマン大作、ついに登場!

「ランプに明かりが灯る」――1629年、美貌のイギリス人リュート奏者ピーター・クレアがデンマーク王クレスチャン4世の宮廷楽団に招かれ、コペンハーゲンのローセンボー城に到着する。王はリュート奏者に親友ブロアの面影を重ねて寵愛する。一方、王の妻キアステンは王への不満をつのらせ愛人との官能の日々を送っている。やがてピーターはキアステンの侍女エミリアと恋に落ちる。しかし二人には数多の試練が待っていた……デンマーク、イングランド、アイルランドと各地をまたがる複数の物語が、絡み合う旋律となって壮大な音楽が奏でられる。極上の歴史小説にして恋愛小説、優美な音楽小説にして青春小説でもある英国ベストセラー、ついに翻訳刊行!

〈17世紀のデンマーク。当時の国王クレスチャン4世は、謁見室の真下にある暗いワイン貯蔵室に宮廷楽団を待機させていた。来客たちは、見えない楽団によって奏でられる音楽が湧き上がってくるのにびっくり仰天したという。これは史実である。コペンハーゲンに行き王宮を見学した英国小説家ローズ・トレメインは、その史実を知って小説家としての興味をかきたてられ、想像をたくましくした。そこの地下室にいた演奏家はどんな思いだったのだろうと。そこから生まれたのが、ベストセラーにもなった、波瀾万丈の物語『音楽と沈黙』である。登場人物たちはみな歴史小説の枠から少しはみ出して、わたしたちにも共通する現代的な悩みを抱えた人間ばかりであり、そのぶつかり合いが、異なる楽器による演奏のような、語る声と声の交唱にもなって、物語をフィナーレへと運んでいく。それはまるで宝塚歌劇を観ているようだ、と言えば褒めすぎになるだろうか〉 若島正(英文学者・翻訳家)

著者紹介

ローズ・トレメイン (ローズトレメイン)

渡辺佐智江 (ワタナベサチエ)

訳書にキャシー・アッカー『血みどろ臓物ハイスクール』、ウィル・セルフ『コック&ブル』、リチャード・フラナガン『グールド魚類画帖』(以上白水社)、アーヴィン・ウエルシュ『フィルス』(アーティストハウス)、ジム・クレイス『四十日』(インスクリプト)などがある。

同じ著者・訳者の作品

音楽と沈黙 2

映画化決定! 美貌のリュート奏者ピーターと侍女エミリアの運命の恋―― ページ…

ゴーレム100

ベスター、最強にして最狂の伝説的長篇。未来都市で召喚された新種の悪魔ゴーレム10…

アジアの岸辺

特異な知的洞察力で常に人間の暗部をえぐりだす稀代のストーリーテラー:ディッシュ、…


ページトップへ