1. トップページ > 
  2. 芸術・芸能 > 
  3. 写真 > 
  4. 異郷のモダニズム
  1. トップページ > 
  2. 歴史・宗教・民俗 > 
  3. 日本史近現代 > 
  4. 異郷のモダニズム

イキョウノモダニズム

異郷のモダニズム

満洲写真全史  

竹葉丈 編著
森仁史井村哲郎 執筆
野口里佳 特別寄稿

発売日 2017/04

判型 B5判   ISBN 978-4-336-06157-7

ページ数 256 頁   Cコード 0072

定価 3,780円 (本体価格3,500円)

内容紹介

満洲を含む中国各地を記録した『亜東印画輯』、淵上白陽と〈満洲写真作家協会〉によって展開された芸術写真、武藤富男によって制度化された「登録写真」、『FRONT』『MANCHOUKUO』などプロパガンダを彩った華やかなるグラフ雑誌、そしてポーレー・ミッションによって撮影された戦後満洲の姿――。当時制作されたヴィンテージプリントなど300 点を超える写真と論考により、「満洲写真史」の変遷をつぶさに跡付ける決定版!

著者紹介

竹葉丈 (タケバジョウ)

1961年生まれ。名古屋市美術館学芸員。現代美術、写真(史)に関する調査、展覧会企画に携わる。主な企画展覧会に、『名古屋のフォト・アヴァンギャルド』(1989年)、『異郷のモダニズム-淵上白陽と満洲写真作家協会』(1994年)、『THE HISTORY OF JAPANESE PHOTOGRAPHY』(2003年、The Museum of Fine Arts, Houston.、The Cleveland Museum of Art.)、『写真家・東松照明全仕事』(2011年)など。主な著作に『日本の写真家6 淵上白陽と満洲写真作家協会』(共著、1998年、岩波書店)、『コレクション日本シュールレアリスム3 シュールレアリスムの写真と批評』 (2001年、本の友社)など。

森仁史 (モリヒトシ)

1949年生まれ。1984‐2009年松戸市教育委員会学芸員。2009‐14年金沢美術工芸大学大学院教授。2014年金沢美術工芸大学柳宗理記念デザイン研究所所長、現在同シニア・ディレクター。専門は工芸・デザイン史。日本近代における工芸・デザインを包括的にとらえて研究。主な著書に『ジャパニーズ・モダン――剣持勇とその世界』(国書刊行会、2005年)、『日本〈工芸〉の近代』(吉川弘文館、2009年)、『美術の日本近現代史』(共編、東京美術、2014年)などがある。

井村哲郎 (イムラテツオ)

1943年生まれ。元新潟大学大学院現代社会文化研究科教授。専門は中国東北(満洲)を中心とする東洋史、満鉄調査部史。主な編著書に『戦前期アジア関係日本語逐次刊行物目録 : 米国議会図書館所蔵』(アジア経済研究所、1995年)、『満鉄調査部 : 関係者の証言』(アジア経済研究所、1996年)、『中国占領地の社会調査』(共編、2013-14年、近現代資料刊行会)、『満鉄調査部と中国農村調査 : 天野元之助中国研究回顧』(共編、不二出版、2008年)などがある。

野口里佳 (ノグチリカ)

1971年生まれ。写真家。1992年に写真作品の制作を始め、以来国内外で展覧会を中心に活動。2002年芸術選奨文部科学大臣新人賞(美術部門)を受賞 。主な個展に、「予感」(丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、2001)、「飛ぶ夢を見た」(原美術館、2004)、「光は未来に届く」(Izu Photo Museum、2011—2012)などがある。

目次

はじめに―近代日本の光と影

I. 大陸の風貌―櫻井一郎と〈亜東印画協会〉
II. 移植された絵画主義―淵上白陽と〈満洲写真作家協会〉
III. 宣伝と統制―満洲国国務院弘報処と登録写真制度
IV. プロパガンダとグラフィズムの諸相―1930年代写真表現の行方
V. 廃墟への「査察」―ポーレー・ミッション・レポート

満洲写真史年表
満洲国地図
掲載図版リスト

異郷のモダニズム


*品切増刷未定

同じ著者・訳者の作品

復刻版 工芸ニュース

復刻版 工芸ニュース

財団法人 工芸財団 監修
森仁史 解説

定価140,400円(税込)

『工芸ニュース』は昭和7年に商工省工芸指導所の編集により創刊された。指導所の多岐…

ジャパニーズ・モダン

「伝統と近代」という問題に真正面から取り組んだ、日本を代表するインテリア・プロダ…


ページトップへ