1. トップページ > 
  2. 歴史・宗教・民俗 > 
  3. 西洋史・西洋思想 > 
  4. ヘンリー・スティムソン回顧録 下

ヘンリースティムソンカイコロク

ヘンリー・スティムソン回顧録  

発売日 2017/06/16

判型 A5判   ISBN 978-4-336-06149-2

ページ数 434 頁   Cコード 0022

定価 5,184円 (本体価格4,800円)

内容紹介

20世紀前半の半世紀近い間、フィリピン総督、国務長官、陸軍長官など、アメリカ政府の要職に就き、原爆投下など、数々の政策決定にその中核メンバーとして参画したヘンリー・スティムソンが、その生涯を多角的に語りつくした回顧録。近現代アメリカ史、さらには近現代史を知るうえで欠かすことのできない必読書。

セオドア・ローズヴェルト、タフト、フランクリン・ローズヴェルト、トルーマンら歴代アメリカ大統領との生々しいやりとり、チャーチルやスターリン、ムッソリーニら各国要人との息詰まる駆け引き、激動する世界の渦中で分裂の危機に瀕したアメリカ――当事者だけが語りうる証言の数かずが歴史の舞台裏を明らかにする。

著者紹介

ヘンリー・L・スティムソン (ヘンリーエルスティムソン)

アメリカ合衆国の政治家。タフト政権下で陸軍長官(1911~1913)、クーリッジ政権下でフィリピン総督(1928~1929)、フーヴァー政権下で国務長官(1929~1933)、フランクリン・ローズヴェルトならびにハリー・トルーマン政権下で陸軍長官(1940~1945)など数々の要職を歴任、20世紀前半期のアメリカ合衆国のさまざまな政策決定に深く関与した。1945年9月陸軍長官を退任、マックジョージ・バンディの助けを借りて回顧録を執筆した。1950年83歳で死去。

マックジョージ・バンディ (マックジョージバンディ)

アメリカ合衆国の政治学者。ケネディ政権、ジョンソン政権で国家安全保障担当大統領補佐官(1961~1966)を務め、キューバ危機、ヴェトナム戦争などアメリカの安全保障政策に深く関わった。大統領補佐官辞任後は、フォード財団理事長、ニューヨーク大学教授などを務めた。1996年77歳で死去。父は、ヘンリー・スティムソンの特別顧問のハーヴェイ・バンディ。

中沢志保 (ナカザワシホ)

1955年長野県生まれ。津田塾大学大学院国際関係学研究科博士後期課程修了。博士(国際関係学)。現在、文化学園大学現代文化学部教授。専攻、国際関係学・国際政治史。
著書に、『オッペンハイマー――原爆の父はなぜ水爆開発に反対したか――』(中央公論新社、1995年)、『ヘンリー・スティムソンと「アメリカの世紀」』(国書刊行会、2014年)、訳書に『ヘンリー・スティムソン回顧録(上・下)』(国書刊行会、2017、共訳)などがある。

藤田怜史 (フジタサトシ)

1981年千葉県生まれ。明治大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(史学)。現在、明治大学文学部兼任講師。専攻、アメリカ現代史。
訳書に、『原爆投下とトルーマン』(彩流社、2008年、共訳)、『原爆投下とアメリカ人の核認識――通常兵器から「核」兵器へ――』(彩流社、2013年、共訳)、『老兵は死なず――ダグラス・マッカーサーの生涯――』(鳥影社、2016年、共訳)などがある。

目次

第三部 危機の時代
 第一三章 武装を求める
   一 ワシントンに戻って/二 新参者/三 最高のスタッフたち
 第一四章 一年目
   一 新しい陸軍のための人員/二 補給/三 孤独なイギリスに向けて
 第一五章 疑惑の谷
   一 大統領との意見の相違/二 優柔不断の代償
 第一六章 戦争始まる
   一 パールハーバー/二 フィリピンを死守せよ/三 陸軍長官
 第一七章 軍隊と大戦略
   一 パールハーバーから北アフリカへ/二 大いなる決断
 第一八章 戦時中の陸軍
   一 再編成/二 「現場主義」/三 スペシャリストの場所/四 学生動員/五 陸軍と黒人/六 科学と新兵器
 第一九章 全面動員への取り組み
   一 軍事動員/二 国民総動員/三 労働者と戦争/四 陸軍と戦時生産――行政面における記録/五 宣伝活動
 第二〇章 陸軍と海軍
   一 スティムソンと海軍将官たち/二 対潜作戦の教訓/三 統合と将来
 第二一章 陸軍と大連合
   一 スティルウェルと中国/二 フランス――敗北、ダルラン、ド・ゴール、そして救出/三 FDRと軍政/四 振り返ってみれば
 第二二章 平和の始まり
   一 主眼点の変化/二 モーゲンソー・プラン/三 侵略戦争の罪/四 再建計画/五 強いアメリカ/六 基地と大国/七 緊急なロシア問題
 第二三章 原爆と日本の降伏
   一 原爆の製造/二 降伏の達成
 第二四章 原爆とロシアとの協調
 第二五章 公職最後の日々
   一 陸軍の業績評価/二 参謀総長/三 最高司令官/四 結語
あとがき
注記と謝辞
第二次世界大戦略年表

訳者あとがき
索引

同じ著者・訳者の作品

ヘンリー・スティムソン回顧録 上

20世紀前半の半世紀近い間、アメリカ政府の要職に就き、数々の政策決定に参画したヘ…

ヘンリー・スティムソンと「アメリカの世紀」

20世紀前半の半世紀近い間、国務長官や陸軍長官など、アメリカ政府の要職に就き、原…


ページトップへ