1. トップページ > 
  2. 芸術・芸能 > 
  3. 映画 > 
  4. 映画論叢42

エイガロンソウヨンジュウニ

映画論叢42

発売日 2016/06/28

判型 A5判   ISBN 978-4-336-06067-9

ページ数 128 頁   Cコード 0374

定価 1,080円 (本体価格1,000円)

内容紹介

実相寺昭雄監督による手塚治虫の実写化はなぜ頓挫したのか。白樺派の若き作家・近藤経一と映画界の不思議な関係。ベーブ・ルース役で当てた性格俳優ウィリアム・ベンディックスの人生。東映大部屋役者たちの夢と恋愛。等々、今号も話題満載。

著者紹介

丹野達弥 (タンノタツヤ)

1961年生まれ。編著に『村木与四郎の映画美術』(フィルムアート社、1998年)『東京いい映画館みたい映画館』(樹花舎、1999年)、共編著に『映畫読本・小津安二郎』(フィルムアート社、1993年)『同・成瀬巳喜男』(フィルムアート社、1995年)『キネマの美女』(文藝春秋、1999年)等。2001年より『映画論叢』編輯長。

目次

名匠たちの素顔 千野皓司監督が語る日活撮影所
なぜ幻となったのか 実相寺昭雄監督の『どろろ』小関太一
興行会社の闘い 沖縄ボンド映画全リスト 新垣亨
バイプレイヤー変遷史 岡本喜八作品落穂拾い 寺島正芳
懲りない題名探し 調査・全勝映画 最上敏信
連載 布村建、永田哲朗、千葉豹一郎、東舎利樹、猪股徳樹

同じ著者・訳者の作品

映画論叢46

映画論叢

映画論叢46

丹野達弥

定価1,080円(税込)

『脱出』上映で再評価される和田嘉訓監督。ビスタ・サイズの真実。『生の輝き』歸山教…

映画論叢45

映画論叢

映画論叢45

丹野達弥

定価1,080円(税込)

大船スタア園井啓介、40年ぶりの近況。007に成り損なった男ジョン・ギャヴィン。…

映画論叢 44

映画論叢

映画論叢 44

丹野達弥

定価1,080円(税込)

俳優小倉一郎と撮影助手による加藤泰の現場。弟子根本順善が見た脚本家八木保太郎の仕…


>> もっと見る

ページトップへ