1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 英米文学 > 
  4. 鳥の巣
  1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 幻想文学 > 
  4. 鳥の巣
  1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 怪奇・ホラー > 
  4. 鳥の巣

トリノス

鳥の巣

発売日 2016/11/24

判型 四六変型判   ISBN 978-4-336-06059-4

ページ数 374 頁   Cコード 0397

定価 2,592円 (本体価格2,400円)

内容紹介

私のなかで、4人の私のバトルが始まる――
人間心理の奥底にある不安感と恐怖と狂気を巧みにえぐり出す
『丘の屋敷』『ずっとお城で暮らしてる』の
〈孤高の異色作家〉による、古典にして究極の多重人格小説がついに登場!
〈今まで何故訳されていなかったのか不思議に思える傑作〉若島正

エリザベス・リッチモンドは内気でおとなしい23歳、友もなく親もなく、博物館での退屈な仕事を日々こなしながら、偏屈で口うるさい叔母と暮らしていた。ある日、止まらない頭痛と奇妙な行動に悩んだすえ医師の元を訪れる。診療の結果、原因はなんとエリザベスの内にある、彼女の多重人格だった。ベス、ベッツィ、ベティと名付けられた別人格たちは徐々に自己主張をし始め、エリザベスの存在を揺るがしていく……〈孤高の異色作家〉ジャクスンの、研ぎ澄まされた精緻な描写が静かに炸裂する、黒い笑いに満ちた傑作長篇がついに登場!(1954年作)

〈ドーキー・アーカイヴ〉全10巻 責任編集=若島正+横山茂雄
知られざる傑作、埋もれた異色作を幻想怪奇・ホラー・ミステリ・SF・自伝・エンターテイメント等ジャンル問わず年代問わず、本邦初訳作品を中心に紹介する新海外文学シリーズ

虚構の男 L.P.Davies The Artificial Man  L・P・デイヴィス/矢口誠訳 定価:本体2200円+税
人形つくり Sarban The Doll Maker サーバン/館野浩美訳 
鳥の巣 Shirley Jackson The Bird’s Nest  シャーリイ・ジャクスン/北川依子訳 定価:本体2400円+税
誰がスティーヴィ・クライを造ったのか?  Michael Bishop Who Made Stevie Crye?  マイクル・ビショップ/小野田和子訳 定価:本体2600円+税
さらば、シェヘラザード Donald E. Westlake Adios, Scheherazade ドナルド・E・ウェストレイク/矢口誠訳【次回配本】
アフター・クロード Iris Owens After Claude  アイリス・オーウェンズ/渡辺佐智江訳
煙をあげる脚 John Metcalf Selected Stories  ジョン・メトカーフ/横山茂雄他訳
イワシの缶詰の謎 Stefan Themerson The Mystery of the Sardine ステファン・テメルソン/大久保譲訳
救出の試み Robert Aickman The Attempted Rescue  ロバート・エイクマン/今本渉訳
ライオンの場所 Charles Williams The Place of the Lion チャールズ・ウィリアムズ/横山茂雄訳

著者紹介

シャーリイ・ジャクスン (シャーリイ・ジャクスン)

北川依子 (キタガワヨリコ)

若島正 (ワカシマタダシ)

1952年生まれ。京都大学大学院修了。京都大学大学院文学研究科教授。著書に『乱視読者の英米短篇講義』(研究社、第55回読売文学賞随筆・紀行賞受賞)、『乱視読者の帰還』(みすず書房、平成14年度本格ミステリ大賞評論・研究部門受賞)、訳書にナボコフ『ロリータ』(新潮社)、『透明な対象』(国書刊行会、共訳)、スタージョン『海を失った男』(晶文社、編訳)など。

横山茂雄 (ヨコヤマシゲオ)

1954年生まれ。奈良女子大学大学院教授。著書に、『聖別された肉体』(水声社)、『異形のテクスト』(国書刊行会)、訳書に、ジェフェリー・アッシュ『アーサー王伝説』(平凡社)、マーヴィン・ピーク『行方不明のヘンテコな伯父さんからボクがもらった手紙』(国書刊行会)ほか。

同じ著者・訳者の作品

誰がスティーヴィ・クライを造ったのか?

悪魔にとり憑かれたタイプライターが彼女の人生を狂わせる……スティーヴン・キング非…

人形つくり

新海外文学シリーズ〈ドーキー・アーカイヴ〉第1弾! 独特のエロティシズムと精緻な…

虚構の男

新海外文学シリーズ〈ドーキー・アーカイヴ〉第1弾。唖然とする展開、開いた口がふさ…


>> もっと見る

ページトップへ