1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 英米文学 > 
  4. 鳥の巣
  1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 幻想文学 > 
  4. 鳥の巣
  1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 怪奇・ホラー > 
  4. 鳥の巣

トリノス

鳥の巣

発売日 2016/11/24

判型 四六変型判   ISBN 978-4-336-06059-4

ページ数 374 頁   Cコード 0397

定価 2,592円 (本体価格2,400円)

内容紹介

私のなかで、4人の私のバトルが始まる――
人間心理の奥底にある不安感と恐怖と狂気を巧みにえぐり出す
『丘の屋敷』『ずっとお城で暮らしてる』の
〈孤高の異色作家〉による、古典にして究極の多重人格小説がついに登場!
〈今まで何故訳されていなかったのか不思議に思える傑作〉若島正

エリザベス・リッチモンドは内気でおとなしい23歳、友もなく親もなく、博物館での退屈な仕事を日々こなしながら、偏屈で口うるさい叔母と暮らしていた。ある日、止まらない頭痛と奇妙な行動に悩んだすえ医師の元を訪れる。診療の結果、原因はなんとエリザベスの内にある、彼女の多重人格だった。ベス、ベッツィ、ベティと名付けられた別人格たちは徐々に自己主張をし始め、エリザベスの存在を揺るがしていく……〈孤高の異色作家〉ジャクスンの、研ぎ澄まされた精緻な描写が静かに炸裂する、黒い笑いに満ちた傑作長篇がついに登場!(1954年作)

著者紹介

シャーリイ・ジャクスン (シャーリイ・ジャクスン)

北川依子 (キタガワヨリコ)

ページトップへ