1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 英米文学 > 
  4. 虚構の男
  1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. ミステリ > 
  4. 虚構の男
  1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. SF > 
  4. 虚構の男

キョコウノオトコ

虚構の男

発売日 2016/05/25

判型 四六変型判   ISBN 978-4-336-06057-0

ページ数 308 頁   Cコード 0397

定価 2,376円 (本体価格2,200円)

カタログダウンロード

内容紹介

新海外文学シリーズ〈ドーキー・アーカイヴ〉創刊 !
知られざる傑作、埋もれた異色作を幻想怪奇・ホラー・ミステリ・SF・自伝・エンターテインメント等ジャンル問わず年代問わず、本邦初訳作品を中心に紹介する新海外文学シリーズ〈ドーキー・アーカイヴ〉全10巻が刊行開始! 責任編集=若島正+横山茂雄

唖然とする展開、開いた口がふさがらなくなるラスト……早すぎたジャンルミックス作家L・P・デイヴィスによるストーリー紹介厳禁のサプライズ連打小説! 本邦初訳。

時は1966年、イングランドの閑静な小村で小説家アラン・フレイザーが50年後(2016年!)を舞台にしたSF小説の執筆にいそしんでいるところから物語は始まる。気さくな隣人、人懐っこい村の人々はみな彼の友だちだ。やがて一人の謎の女と出会い、アランの人生は次第に混沌と謎の渦巻く虚構の世界に入り込んでいく――国際サスペンスノベルか、SFか? 知る人ぞ知る英国ミステリ作家L・P・デイヴィスが放つ、どんでん返しに次ぐどんでん返しのエンターテインメントにして、すれっからしの読者をも驚かせる正真正銘の問題作!(1965年作)

〈読者を幻惑させ、唖然とさせる力は、ミステリー、ホラー、SFというジャンルの境界線を大胆にまたぐところから生まれている。かつては熱狂的な固定読者層がつかずに、とらえどころのない作家としてL・P・デイヴィスを忘却の淵に追いやる原因となった持ち味こそ、彼の小説を読む最大のおもしろさであることを、現在の読者なら充分に理解できるのではないか。その意味で、L・P・デイヴィスは早すぎた作家であり、未来になって再評価されることが作品中に予言として書き込まれていたようにも思える〉(若島正:本書解説より) 

〈ドーキー・アーカイヴ〉全10巻 責任編集=若島正+横山茂雄
虚構の男 L.P.Davies The Artificial Man  L・P・デイヴィス/矢口誠訳 定価:本体2200円+税
人形つくり Sarban The Doll Maker サーバン/館野浩美訳 
鳥の巣 Shirley Jackson The Bird’s Nest  シャーリイ・ジャクスン/北川依子訳 定価:本体2400円+税
誰がスティーヴィ・クライを造ったのか?  Michael Bishop Who Made Stevie Crye?  マイクル・ビショップ/小野田和子訳 定価:本体2600円+税
さらば、シェヘラザード Donald E. Westlake Adios, Scheherazade ドナルド・E・ウェストレイク/矢口誠訳【次回配本】
アフター・クロード Iris Owens After Claude  アイリス・オーウェンズ/渡辺佐智江訳
煙をあげる脚 John Metcalf Selected Stories  ジョン・メトカーフ/横山茂雄他訳
イワシの缶詰の謎 Stefan Themerson The Mystery of the Sardine ステファン・テメルソン/大久保譲訳
救出の試み Robert Aickman The Attempted Rescue  ロバート・エイクマン/今本渉訳
ライオンの場所 Charles Williams The Place of the Lion チャールズ・ウィリアムズ/横山茂雄訳


著者紹介

L・P・デイヴィス (エルピーデイヴィス)

矢口誠 (ヤグチマコト)

若島正 (ワカシマタダシ)

1952年生まれ。京都大学大学院修了。京都大学大学院文学研究科教授。著書に『乱視読者の英米短篇講義』(研究社、第55回読売文学賞随筆・紀行賞受賞)、『乱視読者の帰還』(みすず書房、平成14年度本格ミステリ大賞評論・研究部門受賞)、訳書にナボコフ『ロリータ』(新潮社)、『透明な対象』(国書刊行会、共訳)、スタージョン『海を失った男』(晶文社、編訳)など。

横山茂雄 (ヨコヤマシゲオ)

1954年生まれ。奈良女子大学大学院教授。著書に、『聖別された肉体』(水声社)、『異形のテクスト』(国書刊行会)、訳書に、ジェフェリー・アッシュ『アーサー王伝説』(平凡社)、マーヴィン・ピーク『行方不明のヘンテコな伯父さんからボクがもらった手紙』(国書刊行会)ほか。

同じ著者・訳者の作品

誰がスティーヴィ・クライを造ったのか?

悪魔にとり憑かれたタイプライターが彼女の人生を狂わせる……スティーヴン・キング非…

鳥の巣

私のなかで、4人の私のバトルが始まる―― 人間心理の奥底にある不安感と恐怖と狂…

人形つくり

新海外文学シリーズ〈ドーキー・アーカイヴ〉第1弾! 独特のエロティシズムと精緻な…


>> もっと見る

ページトップへ