1. トップページ > 
  2. 芸術・芸能 > 
  3. 日本美術 > 
  4. にっぽんのかわいいタイル
  1. トップページ > 
  2. 自然科学・医学・実用 > 
  3. 生活エッセイ > 
  4. にっぽんのかわいいタイル
  1. トップページ > 
  2. 歴史・宗教・民俗 > 
  3. 評伝 > 
  4. にっぽんのかわいいタイル

ニッポンノカワイイタイル

にっぽんのかわいいタイル

昭和レトロ・モザイクタイル篇  

発売日 2016/06/07

判型    ISBN 978-4-336-06012-9

Cコード 0076

定価 2,376円 (本体価格2,200円)

内容紹介

「モザイクタイル」とは、タイル1枚の表面積が50平方センチメートル以下のタイルのこと。かつては一般の家庭でもお風呂や炊事場で、あるいは銭湯や映画館、煙草屋などでごく普通に使われていました。驚くべきは、昭和を彩ったこのモザイクタイルの約8割が、わずか4キロ四方の小さな町、岐阜県多治見市笠原町で作られていたこと。その立役者は一人の青年・山内逸三で、彼の独創と努力によって笠原町のタイルは、日本全国に、そして世界に広まったのです。
 笠原町では2016年6月3日、藤森照信氏設計による独特の建物も話題の多治見市モザイクタイルミュージアムが開館しました。本書は、同館所蔵モザイクタイルの名品を収録する第1部、23歳で美濃焼モザイクタイルを創製した山内逸三、そして彼と藤井厚二や甲子園ホテルとの知られざる関連を追う第2部、町全体がひとつの工場のような笠原町を訪ね、タイルの製造過程を紹介する第3部、人魚や桃太郎といった美しくも妖しいモザイクタイル画など、笠原タイルを今に残すレトロな街町を歩く第4部で構成されます。なつかしいモザイクタイルを深く楽しく紹介する、充実の一書です。

著者紹介

加藤郁美 (カトウイクミ)

目次

Ⅰ 昭和レトロタイル・コレクション―多治見市モザイクタイルミュージアム所蔵品にみる昭和30年代モザイクタイルのデザイン

丸タイル/七宝・矢形/角モノ/マリク/ハンドラ/ダイヤゴン/玉苑/さくら石/ 菱形タイル/窯変・茶目玉/クローバー/七宝・風車/リングライン/徳利スレンダー/ 貝入り玉石/米タイル・アルプス入り/シックぬり/小判/モザイク浪漫館/ほか

Ⅱ 山内逸三という青年がいた―23歳で美濃焼モザイクタイルを創製した若者

京都・国立陶磁器試験所/モダニズムの建築家、藤井厚二教授との出会い/ 甲子園ホテル/新田長次郎邸/大阪瓦斯ビルディング/あるぜんちな号・ぶらじる丸

Ⅲ タイルの町、笠原町のひとびと―町全体がひとつの工場

山又鉱山土とり場/製陶所の煙突風景/ヤマセ/山周セラミック/貼板/英山タイル/ 大岩化学工業所/ ミスズアートスタジオ/笠原町のモザイクタイルのデザイン/ ひとの眼が組むグリッド画/タイル商社/笠原町の今

Ⅳ モザイクタイルの旅―昭和をのこすタイルな街町

仁王美容院(名古屋市)/どんぐりタイル(富士吉田市)/元町公民館(多治見市)/旧大垣湯(大垣市)/旧増毛湯(増毛町)/千古乃岩酒造(土岐市)/澤田痴陶人の鳩(土岐市)/金太郎湯(岐阜市)/明月湯 (明石市)/扇湯(淡路市)/岩の湯(東京都北区)/間門湯(横浜市)/大黒アパート(横須賀市)/柳湯(京都市)/桜湯(京都市)/萬歳湯(名古屋市)/魚安・福田屋酒店(名古屋市)/旧衛生湯(多治見市)/ロビン理容館(多治見市)/銭湯遺跡(犬山市)/旧西尾劇場(西尾市)/魚の山弥本店(西尾市)/栄温泉(江南市)/ 旧刈谷浴場(刈谷市)/旧桜湯(大垣市)/福島屋旅館(熱海市)/街角モザイク(富士吉田・横須賀・東京・京都)/八條市場高野とうふ店(旭川市)/タイル小路(尾道市)/corot(所沢市)/城東金物神保商店(大垣市)/都湯(大垣市)/ 大黒湯(葛飾区)/鷹取温泉(横須賀市)/栗田湯(鎌倉市)/イナアート・カタログ/ 平間温泉(川崎市)/だるま湯(松山市)/鯉池温泉(今治市)/祗園湯(松山市)/山田別荘(別府市)/タツノ建材ビル(京都市)/細川ビル(東京都港区)/瑞芳(台湾)/勧済堂(台湾)/新荘(台湾)

名まえの無い美(あとがき)

註・参考文献

同じ著者・訳者の作品

切手帖とピンセット

切手帖とピンセット

加藤郁美

定価2,376円(税込)

切手が一番輝いていた1960年代のものを中心に、東欧のかわいい切手、北欧の精緻で…


ページトップへ