1. トップページ > 
  2. 仏教 > 
  3. 法話 > 
  4. CD 亀田千巖説教集
  1. トップページ > 
  2. 仏教 > 
  3. 浄土真宗 > 
  4. CD 亀田千巖説教集

カメダセンガンセッキョウシュウ

CD  亀田千巖説教集

亀田千巖
直林不退 構成
府越義博 解説・音声起こし

発売日 2015/12

判型    ISBN 978-4-336-05963-5

Cコード 3815

定価 16,200円 (本体価格15,000円)

内容紹介

 小沢昭一氏が手本とした、伝説の亀田節が今よみがえる! 「六字もろうて弥陀を頼む」真宗安心の急所を説く、師、最晩年の完成された説教。亀田節が弥陀の呼び声と聞こえたとき、同行は安心へと導かれ、思わず知らず受け念仏が溢れだす……。説教の味わいを深めるため、音声起こしを付す。

【第一巻】(収録時間・約46分)
 〈第一席 三心の仏種をいただく〉
 三悪道に堕ちているものは、そのままでは成仏ができない。そこで人間界に送り出して至心・信楽・欲生という三心の仏種を与えて……。
 〈第二席 与えたい与えたいの親心〉
 説教先まで探し訪ねて来てくれた息子に、いても立ってもいられずに、浄土からわざわざ救いに来てくださる弥陀の親心を見る。

【第二巻】(収録時間・約46分)
 〈第一席 月と水の喩え――仏心凡心一体の不一不二の義〉
 月は泥水に宿るも、その光は濁らない。われわれ泥凡夫の胸に六字の月が宿っても、決して六字の月の光は失われない。煩悩に汚れたこの胸に、仏心の月をいただけば……。
 〈第二席 どうしたらはどうしたら取れる――成仏の方角〉
 自力を捨てるには、どうしたら良いか、しかしその「どうしたら」と考えることがすでに自力。じゃあどうしたら……。

【第三巻】(収録時間・約49分)
 〈第一席 人の道は家庭から――まず人間になる〉
 家庭が人間の家庭になっているか。冷戦熱戦でしのぎを削る畜生や餓鬼の家庭じゃないか。親芋は子を肥らすのにわが身を削る。親であるわれわれはどうであろうか……
 〈第二席 娑婆の愛と仏の愛――一念喜愛の心〉
 息子阿闍世に幽閉され、「地獄へ堕ちるより外ない身」と自覚した韋提希の前に、出現された弥陀は……。

【第四巻】(収録時間・約42分)
 〈第一席 堕ちるところがない――大経六故〉
 比叡の山で二十年迷い抜いた範宴は、法然上人の許を訪ね「自分は地獄へ堕ちる」と歎くが、法然上人は……。
 〈第二席 帰還兵とその母――頼む機までも〉
 目も見えず耳も聞こえなくなった帰還兵を母親が抱くが、本人は母に抱かれていることにすら気付かない。そこで母は……。

【第五巻】(収録時間・約35分)
 〈第一席 声なき声を聞け〉
 立ちづめの弥陀のお姿は、座っておれぬの親心。「我を頼めよ」の上げた右手は「南無」の二字回向。「必ず救うぞ」の下げた左手は「阿弥陀仏」四字回向。
 〈第二席 六字貰うて親を頼め――名体不二の名をいただく〉
 大晦日に金のやりくりがつかず、首を吊ろうとしている息子に、駆けつけた父親が……。


著者紹介

亀田千巖 (カメダセンガン)

1886年、愛知県生まれ。
長じて石川県能美市・正林寺に養子として入寺。お同行の熱意に応えて京都に居を移し、唯明寺を継ぐ。月初め2日間の自坊定例法座と報恩講以外は布教の旅に出、全国にその名をとどろかせる。唯明寺には常に数人の門弟が住み込み、多くの人材が巣立っていった。
1964年5月13日、病のため、布教先の岐阜にて逝去。79歳。
1970年、師の音源を元に台本を作成した、小沢昭一『節談説教 板敷山/榎物語』が刊行される。

直林不退 (ナオバヤシフタイ)

1958年、群馬県桐生市に生まれ。
龍谷大学大学院博士課程単位取得、花園大学より博士(文学)を受く。龍谷大学・佛教大学の講師、浄土真宗本願寺派本願寺仏教音楽・儀礼研究所委託研究員、相愛大学人文学部仏教文化学科教授を経て、現在、滋賀県大津市淨宗寺住職、相愛大学客員教授、花園大学講師、節談説教研究会副会長。
専門は仏教史、真宗伝道史。
著書、『日本古代仏教制度史研究』、『大津浄土真宗寺院史』、『節談椿原流の説教者・野世渓真了和上芳躅』(いずれも永田文昌堂刊)、『名人木村徹量の継承者 神田唯憲の節談』(節談説教研究会)。

府越義博 (フゴシギハク)

1951年、岐阜県高山市に生まれ。
大谷大学真宗学科卒業。現在、東京都八王子市本淨寺開教院住職、節談説教研究会事務局長。
古書店で講談本「親鸞聖人御一代記」を入手したことから、面白くわかりやすい布教を模索し始め、情念の布教の復活をライフワークとしていた故武藤師の遺志を継いで、2007年7月、節談説教布教大会をプロデュース。築地本願寺に2,500名の聴衆を集めた。以後、節談研究会の事務局長として若き説教者教育と機関誌「節談説教」の編集に携わっている。
著書に、『現代文 説教の秘訣 増補版』『現代文 大笑小笑』(編訳、国書刊行会)などがある。

目次

CD目次
【第一巻】
 第一席 三心の仏種をいただく
 第二席 与えたい与えたいの親心
【第二巻】
 第一席 月と水の喩え――仏心凡心一体の不一不二の義
 第二席 どうしたらはどうしたら取れる――成仏の方角
【第三巻】
 第一席 人の道は家庭から――まず人間になる
 第二席 娑婆の愛と仏の愛――一念喜愛の心
【第四巻】
 第一席 堕ちるところがない――大経六故
 第二席 帰還兵とその母――頼む機までも
【第五巻】
 第一席 声なき声を聞け
 第二席 六字貰うて親を頼め――名体不二の名をいただく

【解説冊子目次】
 祖父千巖の思いで 亀田晃巖
 亀田千巖師略伝 直林不退
 解 説 府越義博
 亀田千巖説教集 音声起こし 府越義博

同じ著者・訳者の作品

節談説教研究会結成十周年記念布教大会

平成二十九年九月十三日に築地本願寺で行われた「節談説教研究会結成十周年記念 節談…

現代文 大笑小笑

現代文 大笑小笑

黒瀬知圓
府越義博 編訳

定価5,184円(税込)

笑いのなかに仏法あり! 全編が信心喚起の話で貫かれ、笑いのなかにも心に残る狂歌、…

現代文 説教の秘訣 増補版

説教者の心得を学ぶ初心者向けに書かれた大須賀順意『説教の秘訣』を現代文で示し、「…


>> もっと見る

ページトップへ