1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 英米文学 > 
  4. サマーブロンド
  1. トップページ > 
  2. 芸術・芸能 > 
  3. コミック > 
  4. サマーブロンド

サマーブロンド

サマーブロンド

発売日 2015/09/07

判型 B4変型判   ISBN 978-4-336-05953-6

ページ数 136 頁   Cコード 0097

定価 2,052円 (本体価格1,900円)

立ち読みする

内容紹介

レイモンド・カーヴァーのペシミズム、ミランダ・ジュライの孤独感、ウディ・アレンのロマンティシズム、ジム・ジャームッシュのオフ・ビート感を併せ持つアメリカン・グラフィック・ノヴェルの旗手、エイドリアン・トミネによる傑作短篇集がついに登場!

〈グラフィックスに描かれた私小説の迷路を
アメリカの英語でたどる創造的なよろこびを
僕は発見した。迷路に出口はおそらくない。
しかし、自分たちの日々というものをめぐって
考えるための材料は、いくらでもある。
読み終わって僕はいまもなお、考え続けている〉 片岡義男

1枚のはがきが届く。それはある物語の完璧な始まりだった……学生時代の憧れの女の子を追い求める若手作家、仕事もクビになってヤケになり、ある気晴らしに耽る元天才少女、片想いの娘を“救済”しようとするストーカー体質の男、ちょっぴり居心地の悪い高校生活を送る少年少女たち――〈自分の中で何かが決定的に変わる瞬間〉が訪れるのを待つ人々を鮮やかに描くビタースイートな4つの青春小説。 解説:川崎大助

著者紹介

エイドリアン・トミネ (エイドリアン・トミネ)

1974年カリフォルニア生まれ。現在ブルックリン在住の日系4世。カリフォルニア大学バークレー校では英語文学を専攻。コミック作家として〈オプティック・ナーヴ〉シリーズを描き続けるかたわら、イラストレーター、アーティストとしても活躍。インディーバンドのアルバムジャケットから「ニューヨーカー」誌の表紙まで数多く手掛ける。著書に32 Stories(1998)『スリープウォーク』(98、邦訳プレスポップ刊)、Shortcomings(2007)などがある。

長澤あかね (ナガサワアカネ)

関西学院大学社会学部卒業。広告代理店に勤務したのち、通訳を経て翻訳者に。訳書にニーナ・ルヴォワル『銀幕に夢をみた』(PHP研究所)、ミック・オシェイ『ワン・ダイレクション・ノー・リミット』(シンコーミュージック・エンタテイメント)、トム・シャドヤック『恐れと真実の対話 生命の取扱説明書(トリセツ)』(講談社)などがある。

同じ著者・訳者の作品

キリング・アンド・ダイング

現代で最も才能あるグラフィック・ノヴェリストが、6通りのビジュアル・語り口で繊細…


ページトップへ