1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 英米文学 > 
  4. 女たちのなかで

オンナタチノナカデ

女たちのなかで

発売日 2015/09/24

判型 四六判   ISBN 978-4-336-05947-5

ページ数 312 頁   Cコード 0097

定価 2,484円 (本体価格2,300円)

内容紹介

元独立戦争の闘士で専制君主のごとく一家に君臨するマイケル・モランは年老い、その身には死が迫りつつあった。妻ローズとの再婚をめぐるエピソード、モランの健康を気遣い、結婚後もモランの様子をうかがいに帰郷する三人の娘たち、モランと衝突したきり二度と家に戻ってこようとはしない長兄ルーク、成長とともに遊びを覚え、ついにはモランの束縛から逃れるため家出をするマイケル。アイルランドの田園地方を舞台に、家族それぞれの人生を流れゆく歳月のなかに描き出し、人生の意味を静かに深く問いかける、マクガハンの最高傑作。アイリッシュ・タイムズ賞、GPA賞受賞作、ブッカー賞候補作。

著者紹介

ジョン・マクガハン (ジョンマクガハン)

1934年アイルランドのダブリンに、警察官の父と小学校教諭の母との間に生まれる。大学を卒業後、小学校教員となる。1963年The Barracksで作家としてデビュー。1965年の第二作『青い夕闇』が発禁処分を受け、教員の職を失い、ロンドンに出て、臨時教員や建築現場の労働者として働く。スペイン、アメリカなどを転々としたすえ、1970年にアイルランドに帰国、再び小説の執筆を始める。『女たちのなかで』(1990)でアイリッシュ・タイムズ賞などを受賞、またイギリスのブッカー賞の候補作にもなった。現代アイルランドを代表する作家の一人である。2006年死去。

東川正彦 (ヒガシカワマサヒコ)

1946年東京都生まれ。早稲田大学卒業。小説に、「虹」(『群像』一九七〇年)、翻訳にジョン・マクガハンの『青い夕闇』『小道をぬけて』『湖畔』(いずれも国書刊行会)などがある。

同じ著者・訳者の作品

ポルノグラファー

ポルノ作家の僕は、ある晩ダンスホールで出会った女性と一夜を共にし、妊娠させてしま…

湖畔

湖畔

ジョン・マクガハン
東川正彦

定価2,700円(税込)

ロンドンからアイルランドの田舎の湖畔に越してきた一組の夫婦。近隣の住民との濃密な…

小道をぬけて

小道をぬけて

ジョン・マクガハン
東川正彦

定価2,376円(税込)

マクガハンが幼少時代から作家としてデビューするまでのみずからの半生を、時に美しく…


>> もっと見る

ページトップへ