1. トップページ > 
  2. 芸術・芸能 > 
  3. 映画 > 
  4. 映画論叢 39

エイガロンソウサンジュウキュウ

映画論叢 39

発売日 2015/07/10

判型 A5判   ISBN 978-4-336-05937-6

ページ数 128 頁   Cコード 0374

定価 1,080円 (本体価格1,000円)

内容紹介

ユニバーサル創業家に生まれた女優カーラ・レムリの数奇な人生。カメラマン原一民の見た黒澤明の実験精神。スタアに成り損ねた性格俳優ウェンデル・コリー。過大評価が始まった中村登への「脚本家」からの異議申し立て。等々、今号も映画史を書き変える論考が満載。

著者紹介

丹野達弥 (タンノタツヤ)

1961年生まれ。編著に『村木与四郎の映画美術』(フィルムアート社、1998年)『東京いい映画館みたい映画館』(樹花舎、1999年)、共編著に『映畫読本・小津安二郎』(フィルムアート社、1993年)『同・成瀬巳喜男』(フィルムアート社、1995年)『キネマの美女』(文藝春秋、1999年)等。2001年より『映画論叢』編輯長。

目次

全発声ホラー映画の第一声 ユニバーサル創業家に生まれて カーラ・レムリの104年 水島光智
宮川一夫、斎藤孝雄、そして稲垣浩 黒澤明の現場 撮影監督・原一民インタビュー 小関太一&加藤孝信
『血塗られた情事』『雨を降らす男』 売出し損ねた第三の新人 ウェンデル・コリー 千葉豹一郎
『夜の片鱗』の脚本家・権藤利英って誰?
中村登を刺激した男 井手俊郎を再評価せよ 北里宇一郎
『友の会』続々設立 ファンクラブ時代到来す 畑暉男
『ムービーマガジン』をご存じですか? ピラニア軍団総登場 浦崎浩實
全勝映画の世界 短命に終わった興亜映画 永田哲朗
業界人の裏話 映画のザッツガクッ 最上敏信
独立系成人映画再考 新旧性格俳優アラカルト 東舎利樹

好評連載
フヰルム温故知新 『シェーン』 ガンマン有情 布村建
《映画の見かた》の見かた 威張るあらすじ 重政隆文
デジタル過渡期の映画上映 人生をイベントに 長谷川康志
スゥイート・ツィート・ムービー 近年のスコリモフスキ

問題提起
束ものアイドル/オーバーハウゼン短編映画祭/文藝誌の映画

同じ著者・訳者の作品

映画論叢46

映画論叢

映画論叢46

丹野達弥

定価1,080円(税込)

『脱出』上映で再評価される和田嘉訓監督。ビスタ・サイズの真実。『生の輝き』歸山教…

映画論叢45

映画論叢

映画論叢45

丹野達弥

定価1,080円(税込)

大船スタア園井啓介、40年ぶりの近況。007に成り損なった男ジョン・ギャヴィン。…

映画論叢 44

映画論叢

映画論叢 44

丹野達弥

定価1,080円(税込)

俳優小倉一郎と撮影助手による加藤泰の現場。弟子根本順善が見た脚本家八木保太郎の仕…


>> もっと見る

ページトップへ