1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 幻想文学 > 
  4. 動きの悪魔

ウゴキノアクマ

動きの悪魔

発売日 2015/07/23

判型 四六判   ISBN 978-4-336-05929-1

ページ数 324 頁   Cコード 0097

定価 2,592円 (本体価格2,400円)

内容紹介

〈向こう〉には物理的な目には見えない、人間の貧弱な脳にはわからない新たな世界があると、いつも信じていた――
「ポーランドのポー」「ポーランドのラヴクラフト」の異名をとる、ポーランド随一の恐怖小説作家が描く、幻視と奇想に満ちた鉄道怪談集。鋼鉄の蒸気機関車が有機的生命を得て疾駆する、本邦初訳14の短篇小説。

著者紹介

ステファン・グラビンスキ (ステファングラビンスキ)

1887年、オーストリア=ハンガリー帝国領ガリツィア・ロドメリア王国のカミョンカ・ストルミウォーヴァに生まれる。ルヴフ大学でポーランド文学と古典文献学を学び、在学中に作家デビューするが、卒業後は教職に就く。1918年に短編集『薔薇の丘』、1919年に連作短編集『動きの悪魔』を発表し注目を浴びる。短篇を本領とし、『狂気の巡礼』『不気味な物語』『火の書』『情熱』といった短編集を次々と出版した。ポーランド文学史上ほぼ唯一の恐怖小説ジャンルの古典的作家。1936年に死去。近年、国内外で再評価が進み、〈ポーランドのポー〉〈ポーランドのラヴクラフト〉として知られる。

芝田文乃 (シバタアヤノ)

1964年、神奈川生まれ。筑波大学芸術専門学群卒業。ポーランド語翻訳者、写真家、エディトリアル・デザイナー。1992年より東京、クラクフなどで写真展開催。訳書にレム『高い城・文学エッセイ』『短篇ベスト10』、コワコフスキ『ライロニア国物語』(いずれも共訳、国書刊行会)、ムロージェク『所長』『鰐の涙』(未知谷)、グラビンスキ『動きの悪魔』(国書刊行会)などがある。

目次

音無しの空間(鉄道のバラッド) 
汚れ男
車室にて
永遠の乗客(ユーモレスク)
偽りの警報
動きの悪魔
機関士グロット
信号
奇妙な駅(未来の幻想)
放浪列車(鉄道の伝説)
待避線
ウルティマ・トゥーレ
シャテラの記憶痕跡
トンネルのもぐらの寓話

訳者あとがき

同じ著者・訳者の作品

火の書

火の書

ステファン・グラビンスキ
芝田文乃

定価2,916円(税込)

生誕130年を迎えた、ポーランド随一の狂気的恐怖小説作家ステファン・グラビンスキ…

狂気の巡礼

日常に侵された脳髄を搔きくすぐる、名状しがたい幻視と惑乱。冥境から降り来たる歪形…

短篇ベスト10

ポーランドで刊行されたベスト短篇集をもとに『ロボット物語』や泰平ヨンものから「マ…


>> もっと見る

ページトップへ