1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 英米文学 > 
  4. 異国の出来事

イコクノデキゴト

異国の出来事

発売日 2016/02/25

判型 四六変型判   ISBN 978-4-336-05916-1

ページ数 352 頁   Cコード 0397

定価 2,592円 (本体価格2,400円)

内容紹介

〈ウィリアム・トレヴァー・コレクション 第2回配本〉 南仏の高級別荘地、自由奔放な妻はおとなしい従順な夫を召し使いのようにあしらっている。しかし……夫婦の中に潜む深い闇を描く「ミセス・ヴァンシッタートの好色なまなざし」、一人の青年を愛した二人の少女が三十年後にシエナの大聖堂で再会する「娘ふたり」他、父と娘のきまずい旅、転地療養にきた少年とその母と愛人、新天地への家出、ホームステイ先での淡い恋、など様々な旅をめぐって静かな筆致で精密に綴られる、普通の人々の〈運命〉と〈秘密〉の物語。日本オリジナル編集による傑作選、全12篇収録。

著者紹介

ウィリアム・トレヴァー (ウィリアムトレヴァー)

1928年、アイルランドのコーク州生まれ。人物の造形にすぐれ、長篇、短篇ともに名手として世界中の読み巧者たちに高く評価されている。

栩木伸明 (トチギノブアキ)

1958年生まれ。上智大学大学院博士課程単位取得退学。現在、早稲田大学文学学術院教授。専攻は現代アイルランド文学・文化。著書に『声色つかいの詩人たち』(みすず書房)、訳書にキアラン・カーソン 『シャムロック・ティー』(東京創元社)などがある。

同じ著者・訳者の作品

ふたつの人生

夫がいながら生涯いとこの青年を愛し続ける……秘められた恋の記憶に生きる女の物語「…

恋と夏

孤児の娘エリーは、事故で妻子を失った男の農場で働き始め、恋愛をひとつも知らないま…

アイルランド・ストーリーズ

<現代で最も優れた短篇作家>ウィリアム・トレヴァー、『聖母の贈り物』につづくベス…


>> もっと見る

ページトップへ