1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 東欧・北欧文学 > 
  4. スウェーデンの騎士

スウェーデンノキシ

スウェーデンの騎士

発売日 2015/05/13

判型 四六変型判   ISBN 978-4-336-05893-5

ページ数 272 頁   Cコード 0097

定価 2,592円 (本体価格2,400円)

内容紹介

1701年冬、シレジアの雪原を往く二人の男。軍を脱走し北方戦争を戦うスウェーデン王の許へ急ぐ青年貴族と、〈鶏攫い〉の異名をもつ逃走中の市場泥坊――全く対照的な二人の人生は不思議な運命によって交錯し、数奇な物語を紡ぎ始める。泥坊が一目で恋におちる美しい女領主、龍騎兵隊を率いる〈悪禍男爵〉、不気味な煉獄帰りの粉屋、〈首曲がり〉〈火付け木〉〈赤毛のリーザ〉をはじめとする盗賊団の面々ら、個性豊かな登場人物が物語を彩り、波瀾万丈の冒険が展開されるピカレスク伝奇ロマン。

著者紹介

レオ・ペルッツ (レオ・ペルッツ)

1882-1957。プラハ生まれのユダヤ系作家。
18歳でウィーンに移住。コルテス時代の新大陸を舞台にした歴史小説『第三の魔弾』(1915、国書刊行会)で注目を集め、『ボリバル侯爵』(1920、国書刊行会)、『最後の審判の巨匠』(1923、晶文社)、『スウェーデンの騎士』(1936、国書刊行会)など、幻想的な歴史小説や冒険小説で全欧的な人気を博した。ナチス・ドイツがオーストリアを併合するとパレスティナへ亡命。戦後もルドルフ二世の魔術都市プラハを描いた傑作『夜毎に石の橋の下で』(1953)などを発表。近年、世界的な再評価が進んでいる。

垂野創一郎 (タルノソウイチロウ)

1958年、香川県生まれ。東京大学理学部卒。訳書にレオ・ペルッツ『最後の審判の巨匠』(晶文社)、『夜毎に石の橋の下で』『ボリバル侯爵』『スウェーデンの騎士』(国書刊行会)、バルドゥイン・グロラー『探偵ダゴベルトの功績と冒険』、アレクサンダー・レルネット=ホレーニア『両シチリア連隊』(東京創元社)など。

目次

序言

第一部 泥坊

第二部 教会瀆し

第三部 スウェーデンの騎士

最終部 名無し

 解説

同じ著者・訳者の作品

ワルプルギスの夜

マイリンクは幻想文学の巧みなテロリストである。(J・L・ボルヘス) 全15…

聖ペテロの雪

聖ペテロの雪

レオ・ペルッツ
垂野創一郎

定価2,592円(税込)

ある小村に村医者として赴任したアムベルクは、亡父の旧友フォン・マルヒン男爵とその…

ボリバル侯爵

ボリバル侯爵

レオ・ペルッツ
垂野創一郎

定価2,808円(税込)

謎の人物ボリバル侯爵が、叛乱の合図をゲリラに授けた事を察知した占領軍はこれを阻止…


>> もっと見る

ページトップへ