1. トップページ > 
  2. 日本文学 > 
  3. 研究・評論 > 
  4. 日夏耿之介の世界
  1. トップページ > 
  2. 日本文学 > 
  3. 近代文学 > 
  4. 日夏耿之介の世界

ヒナツコウノスケノセカイ

日夏耿之介の世界

発売日 2015/02/25

判型 A5判   ISBN 978-4-336-05879-9

ページ数 381 頁   Cコード 0095

定価 6,264円 (本体価格5,800円)

内容紹介

『咒文』『黑衣聖母』『轉身の頌』の孤高の学匠詩人として知られ、翻訳・批評・研究・随筆と文藝のあらゆる分野に深遠な業績を遺した煉金道士日夏耿之介――夏黄眠の最後の弟子として《美の司祭》に生涯を捧げた著者が、その瑰麗神秘な世界の全てを語る。書下ろしの新稿二百枚も収録。未公開写真を多数収載。

著者紹介

井村君江 (イムラキミエ)

1932年、栃木県生まれ。東京大学大学院博士課程修了。

目次

序章 日夏耿之介先生との思い出
樋口圀登先生との出会い
『日夏耿之介全集』の編集

第一章 日夏耿之介に関する評論
日夏耿之介の詩の世界
第一詩集『轉身の頌』について
『轉身の頌』序の意味するもの
日夏耿之介のゴスィック・ローマン詩界
『奢灞都』について
『サバト恠異帖』について
『吸血妖魅考』につて
『院曲 撒羅米』について
「蛮賓歌」解釈

第二章 日夏耿之介に関する随筆
雅號について
雑誌『聖盃』について
講義ノートについて
詩碑・句碑その他
日夏耿之介先生のデモノロジー
日夏耿之介と世紀末
日夏耿之介を悼む
学匠と詩人と通人と
日夏耿之介全集が復刻
黄眠草堂の教え
飯田と日夏耿之介先生
詩碑と記念館について

第三章 日夏耿之介の周囲の人たち
城 左門
堀口 大學
矢野 峰人
島田 謹二
富士川 英郎
齋藤 磯雄
三島 由紀夫
西川 満
野田 宇太郎
谷崎 精二
長谷川 潔
黄眠会の人びと― 尾島庄太郎・燕石猷・関川左木夫・石川道夫・平井功 ―
『詩人日夏耿之介』執筆者及び題目一覧

第四章 日夏耿之介年譜 (改訂版)

あとがき

【付録】
日夏耿之介本カラー書影
日夏耿之介文学アルバム
奢灞都南柯叢書刊行目録

同じ著者・訳者の作品

比較文学・日本文学

単行本未収録の労作『日本に於けるボードレール』の他、『詩学入門』『比較文学』『蒲…


ページトップへ