1. トップページ > 
  2. 芸術・芸能 > 
  3. 絵画・画集 > 
  4. 怪剣士丹下左膳あらわる

カイケンシタンゲサゼンアラワル

怪剣士丹下左膳あらわる

剣戟と妖艶美の画家・小田富弥の世界  

発売日 2014/12/19

判型 AB判   ISBN 978-4-336-05867-6

ページ数 140 頁   Cコード 0071

定価 3,024円 (本体価格2,800円)

立ち読みする

内容紹介

小田富弥は明治28年(1895)岡山に生まれ、関西を代表する日本画家と称された北野恒富に若干17歳で入門。研鑽を重ね、大衆文学の開花とともに、日本画の素養をもとに挿絵画家として大活躍した。
百花繚乱の大衆文芸黄金時代は挿絵画の黄金時代でもあり、その活躍ぶりは東の岩田専太郎、西の小田富弥と称され絶大なる人気を誇ることとなる。
特に、一世を風靡した林不忘『大岡政談』では隻眼隻手のニヒルな怪剣士「丹下左膳」のビジュアル・イメージを創造し、また時代小説の新ジャンルとして登場した「股旅もの」では三度笠に縞合羽という渡世人の姿をも作り上げて新境地を開き、後の挿絵、映画、漫画にまで大きな影響を与えることとなった。
本書はその小田富弥の画業の軌跡を毛筆の躍動感あふれる原画を中心に初集成し、いまだにオールドファンの熱い支持を集めるその魅力を詳細資料とともに紹介した一冊である。

著者紹介

小田富弥 (おだとみや)

(1895年~1990年)

松本品子 (マツモトシナコ)

女子美術大学芸術学部卒業。弥生美術館学芸員。編著書に『高畠華宵 大正・昭和レトロビューティー』(河出書房新社)、『岩田専太郎 挿絵画壇の奇才』(河出書房新社)など。

目次

第一章●怪剣士・丹下左膳あらわる!
     コラム 丹下左膳を描いた挿絵画家たち
第二章●人気挿絵画家・小田富弥の活躍
     コラム 大衆文学の中のニヒリスト・ヒーロー
第三章●美人画の追究、日本画への回帰
     コラム 西の小田富弥、東の岩田専太郎

資料編●小田富弥の素顔
    三女・渡辺寿恵美氏聞き書き
    再録:対談・小松左京  
    挿絵執筆リスト/小田富弥略年譜/主要参考文献

同じ著者・訳者の作品

上村一夫 美女解体新書

上村一夫 美女解体新書

上村一夫
松本品子

定価3,456円(税込)

70年代、『同棲時代』で一世を風靡した上村一夫の描くさまざまな美女像を新たな観点…

劇画師伝説

劇画師伝説

植木金矢
松本品子

定価3,024円(税込)

昭和30年代から40年代、少年誌・青年誌を総なめにした伝説の劇画作家、植木金矢。…

妖艶粋美

妖艶粋美

鰭崎英朋
松本品子

定価3,024円(税込)

泉鏡花の著作を飾り、鏑木清方と美人画の双璧と謳われたものの、挿絵界に転じた天才絵…


ページトップへ