1. トップページ > 
  2. 芸術・芸能 > 
  3. 絵画・画集 > 
  4. 谷中安規 モダンとデカダン
  1. トップページ > 
  2. 芸術・芸能 > 
  3. 日本美術 > 
  4. 谷中安規 モダンとデカダン

タニナカヤスノリモダントデカダン

谷中安規 モダンとデカダン

発売日 2014/12

判型 B5変型判   ISBN 978-4-336-05793-8

ページ数 272 頁   Cコード 0071

定価 4,860円 (本体価格4,500円)

立ち読みする

内容紹介

大正・昭和のモダン都市東京を放浪し、特異な版画作品を数多く残した〈風船画伯〉谷中安規の全貌をかつてない規模で集成。新発見の作品も収録した決定版画集! 内田百閒、佐藤春夫らが愛した奇人版画家の知られざる姿が蘇る。
芥川賞作家・藤野可織のコラムも収録。

著者紹介

瀬尾典昭 (セオノリアキ)

美術史家

山田俊幸 (ヤマダトシユキ)

昭和22年新潟県生まれ。国学院大学卒業。帝塚山学院大学文学部教授。日本絵葉書会会長。大正イマジュリィ学会常任委員。
著書に『論集立原道造』、『アンティーク絵はがきの誘惑』など。編著に『続 芸術家の年賀状』、『小林かいちの世界 まぼろしの京都ア-ル・デコ』などがある。

辺見海 (ヘンミカイ)

目次

はじめに
第1章 大正デカダンスの長い助走路
第2章 モダン都市とマシンエイジ
第3章 ストーリーテラー
第4章 文学者たちと挿絵
第5章 楽園を夢見る子供たち
おわりに  瀬尾典昭

【コラム】
「筋肉と躍動を備えた風景」 藤野可織
「谷中安規の再評価」 宮内淳子
「愛書家本の時代と谷中安規」 山田俊幸
「ごく個人的な。」 大野隆司      

同じ著者・訳者の作品

近代日本水彩画一五〇年史

近代の幕開けとともに導入された西洋絵画。なかでも特異な位置を占めた水彩画の受容と…

加藤まさをのロマンティック・ファンタジー

挿絵、絵はがき、楽譜に画筆を振るい、『月の沙漠』など童謡の作詞、少女小説に至るま…

近代ニッポン「しおり」大図鑑

明治から戦後に到る「しおり」のキッチュで楽しい大図鑑! 忘れられていた豊かなビジ…


>> もっと見る

ページトップへ