1. トップページ > 
  2. 芸術・芸能 > 
  3. 演劇 > 
  4. 宝塚百年を越えて

タカラヅカヒャクネンヲコエテウエダシンジニキク

宝塚百年を越えて

植田紳爾に聞く  

植田紳爾 語り手
川崎賢子 聞き手

発売日 2014/03/25

判型 四六判   ISBN 978-4-336-05786-0

ページ数 392 頁   Cコード 0074

定価 2,700円 (本体価格2,500円)

内容紹介

『ベルサイユのばら』『風と共に去りぬ』など宝塚歌劇団100年の歴史に燦然と輝く、数々の金字塔的名作を生み出した演出家・植田紳爾。せつなく熱く心を揺さぶる、魅惑の舞台はいかにして作られたのか? その秘密を今はじめて語る。

著者紹介

植田紳爾 (ウエダシンジ)

1933年大阪府生まれ。劇作家、演出家。宝塚歌劇団特別顧問、社団法人日本演劇協会会長。『ベルサイユのばら』『風と共に去りぬ』など演出を手掛けた作品は多数。著作に『宝塚、わがタカラヅカ』ほか。紫綬褒章、菊田一夫演劇賞特別賞、旭日小綬章を受章(受賞)。

川崎賢子 (カワサキケンコ)

1956年、宮城県生まれ。文芸・演劇評論家。日本近代文学研究者。博士(文学)。立教大学特任教授。著書に『少女日和』『蘭の季節』『宝塚というユートピア』『尾崎翠 砂丘の彼方へ』『宝塚百年を越えて』など。

目次

1-何処から来て何処に行くのか 不確かな〈私〉と戦争体験 1933年‐1951年
2-上京 ミュージカルの黎明 1952年‐1956年
3-革命前夜 『ベルサイユのばら』以前の演出家・植田紳爾 1956年‐1974年
4-宝塚の変革と創られた伝統 『ベルサイユのばら』の衝撃 1974年‐
5-宝塚歌劇団理事長就任 演出家が辣腕をふるう時 1996年‐2004年
6-宝塚百年を越えて 未来の観客へ 2014年‐

同じ著者・訳者の作品

定本 夢野久作全集 第3巻

歿後80年記念出版。多彩な活動の全貌を集大成した決定版全集。第3巻は「暗黒公使」…

定本 夢野久作全集 第2巻

歿後80年記念出版。多彩な活動の全貌を集大成した決定版全集。第2巻は「犬神博士」…

定本 夢野久作全集 第1巻

歿後80年記念出版。多彩な活動の全貌を集大成し、新たに大量の新資料を収載した決定…


>> もっと見る

ページトップへ