1. トップページ > 
  2. 芸術・芸能 > 
  3. 海外美術 > 
  4. 中国書道の至宝

チュウゴクショドウノシホウ

中国書道の至宝

書と人をめぐる三千年の物語  

発売日 2013/09

判型 A5判   ISBN 978-4-336-05756-3

ページ数 344 頁   Cコード 0076

定価 3,780円 (本体価格3,500円)

内容紹介

CCTV(中国中央電視台)の人気番組を書籍化!王義之〈蘭亭序〉ほか中国書道の名品を魅力的なエピソードと作品写真を交えて紹介!

著者紹介

河内利治 (カワチトシハル)

樋口将一 (ヒグチショウイチ)

目次

監修に寄せて
王羲之《蘭亭序》-書の第一の古典
三希宝帖-乾隆帝が愛した三つの宝
王義之《姨母帖》-初期王羲之の実相
王羲之《黄庭経》-王羲之楷書の名品
王献之《鴨頭丸帖》-洒脱で優美な書
王襄と甲骨-最古の漢字の流転
《石鼓》-古いものには魂がある
《泰山刻石》-天下統一の貴重な記録
《熹平石経・周易》残石-石の本
《経石峪摩崖刻経》-書と経典の融合
《苦筍帖》-型破りな「狂草」
《祭姪文稿》-真情が吐露された劇跡
《開成石経》-西安碑林の誕生
《石台孝経碑》-皇帝の隷書碑
《大秦景教流行中国碑》-キリスト教伝来を伝える石碑
《集王聖教序》碑-よみがえる王羲之
《廻元観鐘楼銘》-戒めのための鐘と銘文
《紀泰山銘刻石》-玄宗の宣言
《淳化閣帖》-大図典の帰還
《多景楼詩作》-米芾の大字の名品
《人来得書、新歳展慶帖》-「意」の書
桂海碑林-桂林の石刻
《行書十礼巻》-芸術品としての書簡
《行書詩賛巻》-懸腕書法の力強さ
《草書前後赤壁賦》巻-名文と狂草の交響
《木雞集序》-愛国の志士・文天祥の書
索引
中国書道年表
訳者あとがき

ページトップへ