1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. フランス文学 > 
  4. ソラル
  1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. ソラル

ソラル

ソラル

発売日 2013/11/21

判型 四六判   ISBN 978-4-336-05755-6

ページ数 444 頁   Cコード 0097

定価 3,240円 (本体価格3,000円)

内容紹介

天性の美貌をほこる主人公ソラルは十六歳のときケファリニアのゲットーから抜け出し、「運命の女性」オード・ドゥ・モーサンヌと結婚、フランスで二十五歳の若さで大臣となり、宮廷のユダヤ人ヨセフのように時の花をかざすが、結局は根無し草にすぎない孤独な自分に気付いて絶望の淵を彷徨う。ゲットーの家族との絆を完全には断ち切れず、新たなアイデンティティーも確立できぬまま、本来の目的である西欧社会への同化に失敗し、その生を終わろうとするが……。 アカデミー・フランセーズ小説大賞を受賞した傑作『選ばれた女』の前日譚。

著者紹介

アルベール・コーエン (アルベールコーエン)

1895年、コルフ島に生まれる。5歳で両親と共にマルセイユに移住。ジュネーヴ大学法学部で学ぶ。1919年、スイス国籍取得(それまではオスマン=トルコ国籍)。フロイト等が編集委員に連なる雑誌「ラ・ルヴュー・ジュイヴ」の編集に携わり、1925年1月第1号を発行、シオニズムの大義の鼓吹者となる。小説「ソラル」(1930)、「釘食い男」(1938)で名声を博する。1939年、ユダヤ機関の政治局顧問となり、パリで政治に外交に手腕を発揮するが、大戦勃発と共にロンドンに逃れ、ユダヤ機関の代表として各国の亡命政府とナチスから逃れてきたユダヤ人との協力関係樹立に重要な役割を果たす。

紋田廣子 (モンダヒロコ)

1939年、静岡県生まれ。法政大学文学部日本文学科卒業。SBS静岡放送勤務後、パリ留学。2000年7月まで画廊に勤務し、展覧会実施、翻訳、通訳に従事。訳書に、ジャニーヌ・ヴァルノー『ピカソからシャガールへ―洗濯船から蜂の巣へ―』(共訳、財団法人清春白樺美術館)、画集『アンドレ・マルロー戯画(ディアブル)』(財団法人清春白樺美術館)、『選ばれた女(Ⅰ・Ⅱ)』(国書刊行会)、『釘食い男』(国書刊行会)など。

同じ著者・訳者の作品

釘食い男

釘食い男

アルベール・コーエン
紋田廣子

定価3,672円(税込)

瘋癲五人男が繰り広げる一大滑稽譚! イオニア海に浮かぶギリシアの島ケファリニアに…

選ばれた女 1

大戦前夜、ユダヤ人国連高級官僚のソラルとその愛人アリアーヌが繰り広げる物語。圧倒…

選ばれた女 2

大戦前夜、ユダヤ人国連高級官僚のソラルとその愛人アリアーヌが繰り広げる物語。圧倒…


ページトップへ