1. トップページ > 
  2. 芸術・芸能 > 
  3. デザイン・広告 > 
  4. 復刻版 絵草紙 うろつき夜太
  1. トップページ > 
  2. 日本文学 > 
  3. 復刻版 絵草紙 うろつき夜太

フッコクバン エゾウシ ウロツキヤタ

復刻版 絵草紙 うろつき夜太

発売日 2013/09/20

判型 B5判   ISBN 978-4-336-05676-4

ページ数 320 頁   Cコード 0071

定価 23,760円 (本体価格22,000円)

カタログダウンロード

内容紹介

伝説の稀覯本がついに復刻!
柴錬・横尾の名コンビが放った空前絶後・驚天動地の
オールカラー現代絵巻物が豪華愛蔵版で奇蹟的大復活。

およそ40年前に刊行された後、長らく幻の奇書として知られ入手困難となっていた『絵草紙 うろつき夜太』。時代小説の大家・柴田錬三郎とグラフィックの鬼才・横尾忠則がタッグを組み、ありとあらゆる実験を繰り広げた、贅沢きわまりない(ゆえに復刻不可能といわれてきた)絵巻物がついに完全復刻。横尾忠則グラフィック・ワークの最高傑作がいま最新の高精細印刷技術を駆使して鮮やかに蘇る!

本体=B5判上製・オールカラー320頁 美麗函入 2000部限定
封入附録 
*特製小冊子=B6判並製・モノクロ64頁(柴田錬三郎・横尾忠則・山本篤[製版者]・田村亮[うろつき夜太モデル]・島地勝彦[担当編集]によるエッセイと篠山紀信撮影による写真を収録)
*カラーポスター(243ミリ×720ミリ)

《二度と再び、このようなわがまま放題な物語を、書かせてくれる雑誌も記者も、いないであろう。その意味でも、上梓されたこの豪華な本は、稀覯の書として、のちのちまで、ねうちがある、と確信する。》 柴田錬三郎 (本書序文より)
《復刻版として出版される『うろつき夜太』、その出来栄えはオリジナル版との区別がし難いほど、いやそれ以上に鮮明だ。》 横尾忠則

著者紹介

柴田錬三郎 (シバタレンザブロウ)

横尾忠則 (ヨコオタダノリ)

美術家。1936年兵庫県生まれ。72年にニューヨーク近代美術館で個展。その後もパリ、ヴェネツィア、サンパウロなど各国のビエンナーレに出品し世界的に活躍する。アムステルダムのステデリック美術館、パリのカルティエ財団現代美術館での個展など海外での発表が多く国際的に高い評価を得ている。2000年以降も東京都現代美術館、金沢21世紀美術館、国立国際美術館など国内の美術館で相次いで個展を開催。95年に毎日芸術賞、01年に紫綬褒章、06年に日本文化デザイン大賞、08年に小説集『ぶるうらんど』で第36回泉鏡花文学賞、11年に旭日小綬章、同年度朝日賞、14年に山名賞、15年に第27回高松宮殿下記念世界文化賞など、受賞・受章多数。2012年、神戸に横尾忠則現代美術館開館。2013年、香川県豊島に「豊島横尾館」開館。

同じ著者・訳者の作品

横尾忠則全版画 HANGA JUNGLE

横尾忠則全版画 HANGA JUNGLE

横尾忠則

定価3,024円(税込)

「版画」から「HANGA」へ――1960年代の最初期の作品から最新作まで、様々な…

幻花幻想幻画譚

幻花幻想幻画譚

横尾忠則
瀬戸内寂聴 原作

定価4,104円(税込)

1974〜75年にかけて新聞連載された瀬戸内晴美(寂聴)による時代小説「幻花」の…

横尾忠則の地底旅行

横尾忠則の地底旅行

横尾忠則

定価2,160円(税込)

《洞窟》と《神話》をモチーフとした、横尾芸術の深層を解き明かす作品約50点をオー…


>> もっと見る

ページトップへ