1. トップページ > 
  2. 海外文学 > 
  3. 英米文学 > 
  4. 包囲

ホウイ

包囲

発売日 2013/02/21

判型 四六変型判   ISBN 978-4-336-05635-1

ページ数 352 頁   Cコード 0097

定価 2,592円 (本体価格2,400円)

内容紹介

1941年9月、レニングラード。ヒットラーにより包囲されたこの都市は、その歴史上もっとも絶望的な冬に突入した。厳寒と飢餓が牙を剥く、筆舌に尽くしがたい状況下、愛し合う二組の男女にとって、生存を賭けた、希望の火を燈し続けるための闘いが始まる。「圧倒的な説得力。悲惨な状況下で展開する二つの恋物語は、読む者に深い感動を与えてくれる。恋人たちがおのれの生存を賭して闘う物語は、すべての偉大なる文学作品がそうであるように、いたって簡潔である。世界レベルの小説だ」(アントニー・ビーヴァー)

著者紹介

ヘレン・ダンモア (ヘレンダンモア)

1952年英国ヨークシャー生まれ。ヨーク大学卒業後2年間教員としてフィンランドに滞在する。その頃から多くの詩集を著し、いくつかの賞を受賞している。また、短篇小説を執筆するかたわら、ブロンテ、ロレンス、フィッツジェラルド、ウルフ、トルストイに関する研究にたずさわり、ほかにも、児童書や絵本を手掛ける。3作目の小説A Spell of Winter(1995)は創設最初のオレンジ賞を受賞した。また、第7作目の『包囲』(2001)はウィットブレッド賞とオレンジ賞の候補作となった。その続篇にあたるThe Betrayal(2010)もブッカー賞とオーウェル賞の候補となった。異色のゴースト・ストーリーThe Greatcoat(2012)も話題となっている。

小泉博一 (コイズミヒロイチ)

1942年山口県生まれ。南山大学文学部英語英文学科卒業。元京都工芸繊維大学教授。専攻イギリス文学研究(E・ウォー、G・M・ホプキンズを中心に)。
編著書に『イギリス桂冠詩人』(世界思想社)、『イギリス文学カレント・トピックス』(鳥影社)、『イギリス詩を学ぶ人のために』(世界思想社、共編)、『イギリス文化を学ぶ人のために』(世界思想社、共編)、『表現と癒し』(至文堂、共編)、訳書にE・ウォー『一握の塵』(山口書店)、ピーター・ミルワード『童話の国イギリス』(中公新書)、サリー・ヴァーロウ『英国読本 紅茶の時間に』(文理閣、共訳)、ピーター・ミルワード『ファンタジーの七つの時代』(BookWay、共訳)、ピーター・ミルワード『ファンタジー徒然草』(BookWay、共訳)などがある。

ページトップへ